(中川区) 中川区役所・富田支所

機関名 名古屋市 中川区役所 福祉課(障害福祉)
対象者 身体障害者手帳・愛護手帳の所持者など
※富田支所管内以外にお住まいの方

〒454-8501
住所 名古屋市中川区高畑一丁目223番地
TEL 052-363-4403
FAX 052-352-7824
URL http://www.city.nagoya.jp/
交通機関 地下鉄東山線「高畑」 徒歩3分、市バス「地下鉄高畑」 徒歩3分
開所日 月~金(土・日・祝祭日・年末年始は休所)
開所時間 8:45~17:15
機関名 名古屋市 中川区役所 富田支所区民福祉課(障害福祉)
対象者 身体障害者手帳・愛護手帳の所持者など
※富田支所管内にお住まいの方

〒454-0985
住所 名古屋市中川区春田三丁目215番地
TEL 052-301-8378
FAX 052-301-8661
E-mail
URL http://www.city.nagoya.jp/
交通機関 JR春田駅より南へ徒歩5分、市バス 戸春橋または富田支所
開所日 月~金(土・日・祝祭日・年末年始は休所)
開所時間 8:45~17:15

◆業務内容
・身体障害者手帳及び愛護手帳の申請受付及び交付
・身体障害児・者や知的障害児・者の福祉に関する相談
・居宅介護等(ホームヘルプサービス)の申請受付及び支給決定
・自立支援医療(更生医療)の給付
・日常生活用具の給付
・補装具費の支給
・福祉電話・福祉ファックスの貸与
・あんしん電話機の貸与
・重度障害者移動入浴サービスの給付
・寝具・特殊寝台の貸与
・点字図書の給付
・移動支援の申請受付及び支給決定
・福祉特別乗車券の交付
・タクシー料金の助成
・障害者住宅改造補助金の支給
・身体障害者自動者改造補助金の支給
・NHK放送受信料の減免
・有料道路通行料金の減免
・各種手当
・成年後見制度に関する相談、市長申し立て事務
・障害者虐待に関する相談、通報・届出受付
・障害者差別に関する相談受付
・・・など。

業務内容によっては、年齢・所得・手帳等級・世帯状況などによる対象者の制限がある場合や、他の制度との関係による制限、耐用・使用年数による制限などがありますので、詳しくは区役所・支所窓口にお問い合わせください。

(中川区) 中川保健所 保健予防課

機関名 名古屋市 中川保健所保健予防課
対象者 赤ちゃんからお年寄りまで

〒454-0911
住所 名古屋市中川区高畑一丁目223
TEL 052-363-4461
FAX 052-361-2175
交通機関 地下鉄東山線「高畑」下車 約3分、市バス「地下鉄高畑」下車 約3分
開所日 月~金(土・日・祝祭日・年末年始休業)
開所時間 8:45~17:15

◆業務内容・活動内容
・母と子の健康(子育て総合相談窓口、乳幼児健診、BCG予防接種、歯科検診、未熟児養育医療給付、小児慢性特定疾病医療費支給認定、不妊治療費助成、自立支援医療(育成医療))
・成人保健対策(胃がん・大腸がん・乳がん検診、健康相談)
・介護予防事業(シャキッと健康教室)
・健康づくり事業(ロコモティブシンドローム予防教室、乳がん教室、特定保健指導、禁煙教室、歯と歯ぐきの健康教室)
・栄養相談
・歯科相談
・難病患者支援(特定医療費支給認定、障害福祉サービスの利用、医療生活相談)
・感染症の予防
・結核の予防(相談、健診)
・HIV抗体検査、梅毒検査
・心の健康(こころの健康相談、うつ病家族相談、障害福祉サービスの利用、自立支援医療(精神通院)、精神保健福祉手帳交付)
・精神障害者の成年後見制度に関する相談、市長申し立て事務
・精神障害者の虐待・差別に関する相談、通報・届出受付
・公害健康被害対策(子どものアレルギーとぜん息相談、石綿健康被害救済)
・肝炎医療費助成

(中川区) 中川区障害者基幹相談支援センター

機関名 中川区障害者基幹相談支援センター

無題

〒454-0828
住 所 名古屋市中川区小本1丁目20-37
TEL 052-354-4521
FAX 052-354-2201
E-mail ikuseikai@nakagawa-shiencenter.jp
URL http://www.nakagawa-shiencenter.jp
交通機関 あおなみ線 小本駅から南へ徒歩3分
開所日時 月曜日~金曜日、第2・4土曜日(日祝、年末年始を除く)
開所時間 9:00~19:00
職員数 7名・非常勤 2名
◆基本方針・理念
障害のある方やそのご家族が地域の中で安心してより豊かに生活が送れるよう共に考え、支援していきます。
◆事業内容
(1)総合相談
障害者(児)及びその家族等からの相談に対する障害種別を問わない必要な支援
(2)処遇困難な障害者(児)への相談支援
複数の専門支援機関との連携を要したり、複数の課題をかかえたりするなど、通常の障害福祉サービス等の利用では解決に困難を要するなど高度な相談支援
(3)地域環境づくり
中川区障害者自立支援連絡協議会の運営、区内の指定相談支援事業者等とのネットワーク構築
(4)人材育成
区内の指定相談支援事業者への指導及び助言等
(5)地域移行・地域定着支援
障害者支援施設等からの地域移行に向けた普及啓発及び地域相談支援対象者と指定一般相談支援事業者との間の連絡調整等
(6)権利擁護
障害者虐待防止法における虐待を受けた障害者の保護のため、障害者及び養護者への相談、障害者差別解消法における相談受付窓口
(7)障害福祉サービスに係る利用者等からの苦情受付などの対応
(8)障害支援区分認定調査
(9)障害者賃貸住宅入居等サポート事業による入居支援
(10)障害者自立支援配食サービスのアセスメント
(11)その他

kikan2

(中川区) 名古屋市中川区社会福祉協議会

機関名 社会福祉法人 名古屋市中川区社会福祉協議会
対象者 地域住民

〒454-0875
住所 名古屋市中川区小城町1-1-20中川区在宅サービスセンター内
TEL 052-352-8257
FAX 052-352-3825
E-mail nakagawaVC@nagoya-shakyo.or.jp
URL http://www.nakagawashakyo.jp/
交通機関 あおなみ線「南荒子」下車 徒歩5分、市バス「荒子観音」下車 徒歩4分
開所日 平日(在宅サービスセンターは年末年始以外)
開所時間 8:45~17:30
◆業務内容・活動内容
(1)各種相談
・各関係機関・施設・サービス等の紹介
・ボランティアに関する相談・調整

(2)貸出事業
・車いす対応車の貸出
・車いす・福祉用具の貸出
・研修室・録音室・点訳室等の貸出

(3)各種事業助成
・各種団体の福祉活動に対する事業助成

(4)福祉啓発
・福祉教育の推進(学校や地域からの依頼により、車いす・点字・手話などの体験学習)
・中川区福祉ふれあい広場開催(障害者関係団体との共催)
(5)貸付事業
・生活福祉資金の貸付・相談
社協

(権利擁護 北区)名古屋市障害者差別相談センター

機関名 名古屋市障害者差別相談センター
対象者 ①障害のある方、家族、その他 ②民間業者
住 所 〒462-8558名古屋市北区清水四丁目17番1号 名古屋市総合社会福祉会館5階
TEL 052-856-8181
FAX 052-919-7585
E-mail inclu@nagoya-sabetsusoudan.jp
URL http://nagoya-sabetsusoudan.jp/
交通機関 地下鉄:名城線「黒川」下車 7分
開所日 月~金曜日・第3土曜日(祝日・年末年始を除く)
開所時間 午前9時~午後5時(水曜日は午後8時まで)

◆センターの概要
「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(障害者差別解消法)に基づき、障害のある方やその家族、事業者等から、障害者差別に関する相談を受け、関係機関と連携しながら、相談事案にかかわる関係者間の調整等を行ない差別の解決をはかる専門機関です。

◆業務内容
●相談受付
電話・ファックス・メール・来所・訪問など様々な方法で相談を受けています。
●助言、調査及び調整
ご相談内容に応じて助言をしたり、事実確認のための訪問調査等を実施し、相談事案にかかわる関係者間の調整を行って事案の解決をはかります。
●広報啓発
障害者差別の解消について、多くの方に理解していただくためのチラシ等の作成・配布、講演会の開催等を行います。また、ご要望に応じて出前講座も実施しています。
●その他
市内の障害者差別に関する相談に携わる人材の育成(研修の実施)、情報収集及び調査研究、相談実績の集計や学識経験者等で構成する「連絡調整会議」の運営等を行います。
差別相談

 

<愛知県弁護士会>  高齢者・障害者総合支援センター「アイズ」

機関名  愛知県弁護士会 高齢者・障害者総合支援センター「アイズ」
対象者  高齢者、障がいのある方

住 所 〒460-0001
名古屋市中区三の丸1-4-2
愛知県弁護士会館内
TEL 052-203-2677
FAX 052-203-2677
URL http://www.aiben.jp/
交通機関 地下鉄「丸の内」駅1番出口より徒歩5分
地下鉄「市役所」駅6番出口より徒歩7分
開所日 月曜日~金曜日
(祝日・年末年始を除く)
時 間 10:00~16:00
◆基本方針・理念
愛知県弁護士会では、高齢者・障がいのある方々を法的な側面から支援するために「高齢者・障害者総合支援センター(アイズ)」を平成12年に設立しました。
高齢者・障がいのある方々で、財産の管理、介護・福祉サービスの利用、虐待や財産侵害、成年後見、遺言・相続、ホームロイヤーなどについて、生活支援につながるようにアドバイスや事件解決を行っています。
アイズは、家庭裁判所、医療機関、社会福祉士、社会福祉協議会、老人ホームなどの福祉施設、地域包括支援センターに代表される行政機関、ボランティア等さまざまな機関と連携して業務を行っております。

◆業務・活動内容
アイズの支援は、各法律相談から始まります。高齢者・障がいのある方、そしてご家族・支援者の方々も、お気軽に相談をして下さい(相談料は全て税抜表示です)。

●電話相談
電話番号:052-565-6116
受付日時:毎週火・木 10:15~13:00 (祝日・年末年始を除く)
相 談 料:無料(ただし、別途通話料がかかります)
※1回の相談は10分程度で、制度の説明などの簡単な相談となります。
相談の結果、さらに相談をご希望される場合は面談での相談をご利用下さい。
●面談相談(外出可能な方)
電話番号:052-565-6110
実施日時:毎週火・木 9:45~12:00(祝日・年末年始を除く)
場  所:名古屋法律相談センター(名古屋市中村区名駅3-22-8大東海ビル9階)
相 談 料:5,000円(30分)
※電話で予約の上、来所下さい。
●面談相談(外出することが困難な方)
電話番号:052-203-2677
受付日時:月曜日~金曜日 10:00~16:00(祝日・年末年始を除く)
場  所:自宅だけではなく病院や施設にも出張します。
相 談 料:弁護士1人あたり10,000円、別途交通費実費
アイズ相談時間を含めて往復3時間を超える場合には金額が加算されます。

(知的関係 熱田区) 名古屋市知的障害者更生相談所

機関名 名古屋市知的障害者更生相談所
対象者 18歳以上の知的障害者(重症心身障害の方は除きます)

〒456-0073
住所 名古屋市熱田区千代田町20番26号
TEL 052-678-3810
FAX 052-683-8221
交通機関 地下鉄 日比野駅から徒歩12分、市バス 野立小学校(知的障害者センターサンハート)停 すぐ東
開所日 月曜日~金曜日(祝日と12月29日~1月3日を除く)
開所時間 8時45分~17時30分
◆業務内容・活動内容
◎愛護手帳の判定・相談
◎障害基礎年金及び障害福祉関係の手当等に関する診断
◎日常生活上の相談

※来所による判定・相談・診断は、予約制になっています。

◆案内図
無題1

(発達関係 昭和区) 名古屋市発達障害者支援センター りんくす名古屋

機関名 名古屋市発達障害者支援センター りんくす名古屋
対象者 名古屋市在住、在勤、在学の発達障害※の方、その家族、関係機関のみなさん
※発達障害とは、自閉症、アスペルガー症候群及びその他の広汎性発達障害、注意欠陥多動性障害、学習障害などの通常低年齢において発現する脳機能の障害のことです。

〒466-0858
住 所 名古屋市昭和区折戸町4-16
TEL 052-757-6140
FAX 052-757-6141
E-mail links@kodomoseishonen.city.nagoya.lg.jp
URL http://www.city.nagoya.jp
交通機関 地下鉄鶴舞線「川名駅」 徒歩12分、地下鉄桜通線「吹上駅」 徒歩17分、市バス「宮裏」 徒歩3分
開所日 月曜日~金曜
開所時間 8時45分~17時30分(電話受付は17時15分まで)

◆相談の方法は?
◎相談は、電話やメール、FAXで受け付けます(初回のみ、メールやFAXでも受付します。受付後の当センターからの連絡は、原則電話になります。)
◎電話での相談は30分程度です。内容により面接相談も行ないます。
◎発達障害のある方やその家族、関係者に対し、子どもから大人まで年齢に関わらず、対人関係やコミュニケーションなど日常生活や仕事についてのご相談をお受けします。
◎相談では、アドバイス、情報の提供、必要に応じて他の支援機関の紹介などをいたします。
◆研修と講演会もやってます!!
◎発達障害の理解と啓発のために研修や講演会などを行っています。また、保育園や施設の職員さん、保護者の方などが行う研修や学習会への講師派遣や企画のお手伝いもします。

◆理解を深めたい時は?
◎ホームページでも、りんくす名古屋の主催する研修や講演会の内容を掲載しています。
◎配布用の啓発リーフレットのご用意もありますので、お問い合わせください。

ぜひ、ご覧下さい!!

(身体関係 瑞穂区) 名古屋市 身体障害者更生相談所

機関名 名古屋市 身体障害者更生相談所
対象者 身体障害者

〒467-8622
住所 名古屋市瑞穂区弥富町字密柑山1番地の2 名古屋市総合リハビリテーションセンター内
TEL 052-835-3821
FAX 052-835-3724
E-mail
URL
交通機関 ・地下鉄名城線 総合リハビリセンター駅、市バス 総合リハビリセンター
開所日 月曜日~金曜日(祝日、12/29~1/3を除く)
開所時間 8時45分~17時15分

◆業務内容・活動内容
身体障害者に対して、専門的な知識及び技術を必要とする相談・指導を行うとともに、医学的、心理学的・職能的判定や、補装具の処方及び適合判定を行っています。

○自立支援医療(更生医療)給付判定

○補装具費支給判定・適合判定(義肢、装具、車いす、補聴器、眼鏡等)

○訪問診査

○身体障害者手帳交付事務

○施設入所調整会議

○相談(進路相談・心理相談等)
◆案内図

身体障害者更生相談所

(身体関係 港 区) 名古屋盲人情報文化センター

法人名  社会福祉法人 名古屋ライトハウス
機関名 名古屋盲人情報文化センター
対象者  視覚障がい者

〒455-0013
住 所 名古屋市港区港陽1-1-65
TEL 052-654-4521
FAX 052-654-4481
E-mail center@nagoya-lighthouse.jp
URL http://www.e-nakama.jp/niccb/
交通機関 地下鉄名港線「港区役所」1番出口より徒歩8分
開所日 祝祭日を除く月~金・日曜日
休館日 土曜日・祝祭日・第3木曜日・第5日曜日
開所時間 9:30-17:00
◆業務内容・活動内容
(1)点字図書館
全国の視覚障がい者の方に点字図書・録音図書の貸出を行っています。
話題のベストセラーをはじめ、雑誌やガイドブック、各種の取り扱い説明書など、ニーズに応じて、点字・録音図書の製作を行い、全国に向けての貸出をしています。
・図書館 MAIL:kasidasi@nagoya-lighthouse.jp

(2)用具販売
音声時計、CD読書器、拡大読書器、白杖、点字器、調理器具など、日常生活に便利なグッズの販売をおこなっています。
・連絡先(直通):052-654-4522
・用具 MAIL:yougu@nagoya-lighthouse.jp
(3)点字出版部
「点字に関するあらゆること、お任せください。」
・オリジナル出版物や受託定期刊行物の製作・発行
・選挙情報、名刺への点字印刷等
・UV加工(携帯電話・白杖・PCキーボード等に凹凸模様の加工)
・触って楽しいクリスマスカード・年賀状シール・一筆箋などの販売
・連絡先(直通):052-654-4523
・点字出版 MAIL:syuppan@nagoya-lighthouse.jp
(4)IT支援
画面読み上げソフトなどを利用した、視覚障がい者へのパソコン講習会を行っています。
日常生活で利用するパソコン操作の他、パソコンを活用した就学・就労支援も行っています。
IT MAIL:it-team@nagoya-lighthouse.jp

(5)生活相談
自分や家族、友人が病気や事故で視覚に障がいをもつこともあります。
最初は誰もが戸惑い途方にくれてしまうものです。ちょっとした工夫や見方を変えることで、ずいぶん不安や困難が解消されます。なお、見えにくい方の相談にもお応えしています。
①相談支援
②中途失明者緊急生活訓練(視覚障がい者向け点字触読教室、料理教室等)

(身体関係 中村区) 名身連聴覚言語障害者 情報文化センター

法人名 社会福祉法人 名古屋市身体障害者福祉連合会
機関名 名身連聴覚言語障害者情報文化センター
対象者 名古屋市在住の聴覚障害者 他

〒453-0053
住所 中村区中村町7丁目84番地の1
TEL (052)413-5885
FAX (052)413-5853
E-mail chogen@meishinren.or.jp
URL http://meishinren.or.jp/
交通機関 地下鉄中村公園駅 徒歩7分
休館日 水曜日、年末年始
開所時間 月・木・金・・・9:00~20:30、火・土・日・祝日・・・9:00~16:30

◆業務内容・活動内容
名身連聴覚言語障害者情報文化センター(名身連聴言センター)では、聴覚障害者に対し、情報保障やコミュニケーション保障、活動の支援などを行うことによって、社会参加の促進をはかり、また、それらに携わる人々の拠点となるよう、さまざまな事業を行っています。

1.手話奉仕員養成・派遣
手話による簡単なコミュニケーション支援や聴覚障害者との交流を目的とした手話奉仕員の養成・派遣を行っています。
2.手話通訳者養成・派遣
手話によるコミュニケーションが必要な聴覚障害者のために、手話通訳者の養成・派遣を行っています。

3.要約筆記者養成・派遣
手話を使わない(手話が分からない)聴覚障害者のために、文字で伝える要約筆記者の養成・派遣を行っています。

4.盲ろう者向け通訳・介助員派遣
愛知県在住で、通訳・移動介助が必要な盲ろう者(視覚と聴覚の重複障害者)に対し、盲ろう者向け通訳・介助員を派遣しています。

5.社会講座
趣味や教養、スポーツなどの各種講座を開催しています。(手話通訳・要約筆記付き)
6.IT講座
スマホ講座・パソコン教室を開催しています。受講者のレベルや内容に応じたコースを設けています。(手話通訳・要約筆記付き)

7.相談事業
聴覚障害者相談員が日常生活上の悩みや困り事などの相談に応じます。聴覚障害者本人、家族、雇用主など、聴覚障害に起因する悩みをお持ちの方ならどなたでもご利用いただけます。

8.専任手話通訳者の設置
緊急時に対応できるよう、専任手話通訳者が常駐しています。

9.手話サロン
聴覚障害者と健聴者が気軽に話せる場所として手話サロンを開いています。

(身体関係 昭和区) なごや福祉用具プラザ

法人名  社会福祉法人 名古屋市総合リハビリテーション事業団
機関名 なごや福祉用具プラザ
対象者  障害者、障害高齢者、児童、成人

〒466‐0015
住 所 名古屋市昭和区御器所通3-12-1御器所ステーションビル3F
TEL 052-851-0051
FAX 052-851-0056
E-mail n-plaza@nagoya-rehab.or.jp
URL http://www.nagoya-rehab.or.jp
交通機関 地下鉄鶴舞線・桜通線「御器所」②出口より40m、車椅子の方は⑧出口にエレベーターあり、市バス「御器所通」
開所日 火曜日~日曜日
休業日 月曜日、祝休日、年末年始(月曜日が祝休日にあたる日は翌火曜日も休み)
開所時間 10時~18時
◆業務内容・活動内容
1)福祉用具展示事業

2)相談事業
ア.福祉用具相談
イ.介護相談
ウ.住宅改造相談
エ.その他の相談

3)介護実習・研修事業
ア.福祉用具ふれあい講座
イ.介護実習・普及講座
ウ.他団体依頼講座
4)福祉用具の製作・改造事業

5)技術支援ネットワークづくり

6)リサイクル情報サービス

7)情報収集提供事業

8)福祉用具・介護技術等普及啓発事業

9)家族介護者教室

10)高齢者住宅改修相談事業

11)障害者ITサポート事業

(身体関係 瑞穂区) 名古屋市総合リハビリテーションセンター 生活支援課

法人名  社会福祉法人 名古屋市総合リハビリテーション事業団
事業所名 名古屋市総合リハビリテーションセンター障害者支援施設 (生活支援課)
利用者状況  15歳以上、身体障害者(肢体不自由者)、高次脳機能障害と診断された方

〒467-8622
住所 名古屋市瑞穂区弥富町字密柑山1番地の2
TEL 052-835-4193(直通)
FAX 052-835-3745(代表)
E-mail sisetu1@nagoya-rehab.or.jp
URL http://nagoya-rehab.or.jp
交通機関 地下鉄名城線「総合リハビリセンター」駅すぐ
制度名 自立訓練(機能訓練・生活訓練)
事業開始年月日 平成20年4月1日
開所日 自立訓練:月~金(祝日及び年末年始を除く)
時間 自立訓練:9時30分~16時
利用期間 おおむね3ヶ月~8ヶ月
身障WC あり エレベーター  あり

◆支援までの流れ
相談 ⇒ 見学・面接 ⇒ 利用申請(市町村) ⇒ 契約

◆当施設での支援
地域生活や就労などの社会復帰を目指して、社会リハビリテーションサービスを提供しています。

(身体関係 瑞穂区) 名古屋市総合リハビリテーションセンター 就労支援課

法人名  社会福祉法人 名古屋市総合リハビリテーション事業団
事業所名 名古屋市総合リハビリテーションセンター 障害者支援施設 (就労支援課)
利用者状況  15歳以上、身体障害者(肢体不自由者)、高次脳機能障害と診断された方

〒467-0036
住所 名古屋市瑞穂区弥富町字密柑山1番地の2
TEL 052-835-3692(直通)
FAX 052-835-3745(代表)
E-mail syuroushien@nagoya-rehab.or.jp
URL http://nagoya-rehab.or.jp
交通機関 地下鉄「総合リハビリセンター」駅すぐ
制度名 就労移行支援
事業開始年月日 平成20年4月1日
開所日 月~金(祝日及び年末年始を除く)
時間 10時~16時
利用期間 平均8カ月(平成25年実績)
身障WC あり
◆支援までの流れ

◆アピールポイント
1.担当の就労支援員が、1人ひとりのニーズに合わせて、「個別支援計画」を作成します。
2.附属病院やセンター内の他部門と密接に連携し、障害状況に応じて、個別的・段階的にサービス提供を行います。
3.できるだけ実際の職場に近い環境を用意した模擬職場(ワークショップ)で、基礎的な労働習慣を養い、職業準備性を高められるように、訓練を行います。

◆これから働く方へ一言!
「働きたいけど、どうやって仕事を見つければよいか分からない。」「休職中だが、復職するには何を準備すればよいのだろう。」「働いているけれど、仕事が上手くいかない。」等の相談に応じています。利用に関するご相談は、総合相談室052(835)4005まで。

(身体関係 瑞穂区) 名古屋市総合リハビリテーションセンター 視覚支援課

法人名  社会福祉法人 名古屋市総合リハビリテーション事業団
事業所名 名古屋市総合リハビリテーションセンター障害者支援施設 (視覚支援課)
利用者状況  15歳以上の視覚に障がいのある方で、リハビリテーション訓練を必要とする方

 


〒467-8622
住所 名古屋市瑞穂区弥富町字密柑山1番地の2
TEL 052-835-3523(直通)
FAX 052-835-3745(代表)
E-mail sikaku@nagoya-rehab.or.jp
URL http://nagoya-rehab.or.jp
交通機関 地下鉄名城線「総合リハビリセンター」駅すぐ
制度名 自立訓練(機能訓練(視覚障害))
事業開始年月日 平成20年4月1日
開所日 月~金(祝日及び年末年始を除く)
開所時間 9時30分~16時
利用期間 おおむね1年
身障WC あり エレベーター あり
◆サービス内容
主に人生の中途で目が見えなく・見えにくくなった方に対して、下記のような社会適応訓練を行い、様々な不自由さを軽減・解消し、その方らしい生活を送れるよう支援します。
1.歩行訓練
他者と一緒に歩くガイド歩行、屋内での歩行から始め、白杖を使用して行きたい場所へ安全に確実に効率よく一人で外出できるように訓練を行います。
2.ICT訓練
音声ソフトや画面拡大ソフトなどを用いて、メール・HP閲覧・ファイル管理などのパソコン基本操作を訓練を行います。また録音再生機や携帯電話、iPadなどの機器の訓練を行います。
3.点字訓練
自分で読み書きできる新しい文字として点字の習得を目指して訓練を行います。
4.ADL訓練
日常生活に必要な身辺処理や調理など基本動作を習得する訓練を行います。
5.ロービジョン訓練
視力・視野が残っている方に対し、拡大読書器、ルーペなど各種道具の紹介及び使用法の訓練を行います。
◆アピールポイント
相談された方の状況やニーズに応じて、入所・通所・訪問とさまざまな形式での訓練を実施しています。
人生の中途で視覚に障がいを持ったとき、ご本人も家族も何をどうすればよいのかわからず、非常に困っていらっしゃると思います。
まずはお気軽にご相談ください。相談の中から一緒に考えていきたいと思います。

(精神関係 中村区) 名古屋市精神保健福祉センター ここらぼ

機関名 名古屋市精神保健福祉センター ここらぼ
対象者 市民・心の健康に関して何か問題を抱えた方

〒453-0024
住 所 名古屋市中村区名楽町4-7-18(中村区保健所等複合施設5階)
TEL 052-483-2095
FAX 052-483-2029
E-mail a4832095@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp
URL http://www.city.nagoya.jp/kurashi/category/22-5-3-0-0-0-0-0-0-0.html
交通機関 地下鉄東山線「中村日赤」下車 徒歩7分、市バス「中村保健所南」下車 徒歩5分
開所日 月~金(土・日祝日年末年始を除く)
開所時間 8:45~17:15
◆業務内容・活動内容
●普及啓発:パンフレットの発行、ここらぼNAGOYAの発行

●精神保健福祉相談(専門医等による面接相談):思春期の精神保健相談、薬物リハビリテーション相談、自死遺族相談、一般相談
*相談は電話で面接日時を予約して下さい

●こころの健康電話相談:心の健康に関しての電話相談
(専用電話番号 052-483-2215)(毎週 月~金 午後0時45分~4時45分 休日・年末年始を除く)
●リワーク支援プログラム

●人材育成・技術援助

●組織育成

●調査研究・企画立案
●精神医療審査会の事務

●自立支援医療(精神通院)と精神障害者保健福祉手帳の判定事務

●名古屋市ひきこもり地域支援センター(専用電話番号 052-483-2077)

ここらぼ

(児童関係 中川区) 名古屋市 西部地域療育センター

機関名       名古屋市 西部地域療育センター
事業種別   診療所・児童発達支援センター

〒454-0828
住 所 中川区小本一丁目20-48
TEL 052-361-9555
FAX 052-361-9560
E-mail a3619555@kodomoseishonen.city.nagoya.lg.jp
URL http://www.city.nagoya.jp/kurashi/category/19-3-3-5-0-0-0-0-0-0.html
交通機関 あおなみ線小本駅 南へ徒歩2分
開所日  月曜日~金曜日
開所時間 8:45~17:30
定 員 通園部 40名
障害状況 障害のある児童及びその疑いのある児童(初診は就学前の児童)
通園部:就学前の児童で、知的障害児、知的障害との重複障害児及び重症心身障害児
職員数 60名(非常勤職員含む)

◆基本方針・理念
子どもたちが家庭や地域で、楽しく生き生きとした日々を送ることができるよう支援することが、私たちの責務です。そのため、私たちは支援者のひとりとして、確固たる倫理観をもって、その役割を自覚し、自らの使命を果たしていきます。ここに私たちの基本的姿勢を明らかにし、私たちの規範とします。
1.生命の尊厳-私たちは、子どもたちの生命を、かけがえのない存在として尊びます。
2.個人の尊厳-私たちは、子どもたちの個性、主体性、可能性を大切にします。
3.人権の擁護-私たちは、子どもたちに対するいかなる差別、虐待、権利の侵害も許さず、人としての権利を擁護します。
4.社会への参加-私たちは、子どもたちが障害の状態にかかわりなく、社会を構成する一員として有意義な市民生活が送れるよう支援します。
5.プライバシーの保護-私たちは、職務上知り得た子どもたちとそのご家族の大切な情報を保護し、みだりに第三者に漏らしません。
6.支援者としての自覚-私たちは、自らの役割と使命を自覚し、たえず研讃を重ね、専門的知識と技術をもって、良質なサービスを提供します。
◆活動内容
1 発達相談事業・・・相談、診断、検査、処遇方針作成。療育グループ
2 医療事業・・・・・診療(小児科、整形外科、精神科、耳鼻いんこう科)、機能訓練(理学療法、作業療法、言語聴覚療法)
3 通園事業・・・・・親子通園、単独通園
4 地域ケア事業・・・地域連絡調整、巡回療育、訪問療育、地域啓発、アフターケア
◆施設アピール
障害のある児童及びその疑いのある児童又はその保護者に対し、相談、検査、医療の提供及び療育訓練を行うことにより、障害の早期発見及びその軽減を図ることを目的としています。

seiburyouiku

(児童関係 中川区) 名古屋市西部児童相談所

機関名 名古屋市 西部児童相談所
対象者 知的、身体等障害児、重症心身障害児

〒454-0875
住 所 名古屋市中川区小城町1丁目1番地の20
TEL 052-365-3231(代表)
FAX 052-365-3281
交通機関 あおなみ線南荒子駅 徒歩5分、荒子駅 徒歩8分、市バス 荒子観音 徒歩4分
開所日 月曜日~金曜日(祝日及び年末年始の休庁日を除く)
児童相談受付時間 8時45分~17時15分
◆業務内容・活動内容
名古屋市には児童相談所が平成30年4月現在2か所にあります。平成30年度中に3つ目の児童相談所として名古屋市東部児童相談所が開設される予定です。お住いの区によって相談する児童相談所が異なります。
西区、中村区、熱田区、中川区、港区、南区にお住まいの方は、西部児童相談所が相談をお受けします。
千種区、東区、北区、中区、昭和区、瑞穂区、守山区、緑区、名東区、天白区にお住まいの方は、中央児童相談所が相談をお受けします。
18歳未満の子どもについてのあらゆる相談を家庭その他から受け、子どもの持っている問題、真のニーズ、置かれた環境などを的確にとらえ、個々の子どもや家庭に最も効果的な援助を行います。子どもの福祉を図るとともに、その権利を守ることを、主な目的としています。
(1) 相談
相談には、児童福祉司・児童心理司などの専門スタッフが応じ、適切な助言・指導などを行います。
(2) 施設入所等
保護者の事情等により家庭で養育できない子どもを必要な期間、一時保護をしたり、児童福祉施設等への入所措置等を行います。
(3) 相談窓口
相談調整係
なお、中川区にお住まいの就学前のお子さんの発達や成長面での不安や悩みについての相談は、西部地域療育センターにご相談ください。

(児童関係 昭和区) 名古屋市中央療育センター

機関名 名古屋市中央療育センター
対象者 知的、身体等障害児、重症心身障害者

〒466-0858
住所 名古屋市昭和区折戸町4丁目16番地
TEL 052-757-6126
FAX 052-757-6129
E-mail
URL//www.city.nagoya.jp/kodomoseishonen/page/0000010329.html
交通機関 地下鉄川名駅 徒歩12分、市バス 宮裏 徒歩 3分
開所日 月曜日~金曜日(祝日及び年末年始の休庁日を除く)
開所時間 8時45分~17時15分

◆業務内容・活動内容
名古屋市中央療育センターは、お子さんの発達に関する相談や診療、保育などを通して、子どもたちの健やかな成長、発達を支援しています。
名古屋市にお住まいの18歳未満のお子さん(及び重症心身障害者の方)が対象ですが、就学前のお子さんの場合は、原則として中・昭和・瑞穂・熱田・天白区にお住まいの方となります(西区の就学前のお子さんの発達や成長面での不安や悩みについては、北部地域療育センターにご相談ください)。
◎相談
お子さんの発達や子育てに関する相談はまずは電話にてお伺いします。相談に応じて診療の申し込みを受け付けています。福祉制度や社会資源についての情報提供、就園・就学など進路の相談も行っています。また、愛護手帳の判定も行っています。
◎診療
小児科・精神科・整形外科・耳鼻科・眼科・歯科の診察の他、各種検査や投薬も行います。なお、治療や検査内容によっては、他の医療機関を紹介する場合もあります。

◎訓練
医師の指示のもとに、理学療法・作業療法・言語聴覚療法・心理療法を行います。
◎通園(児童発達支援センター)
運動機能の発達に遅れのある児を対象とする“わかくさ学園(医療型)”、難聴など聴覚等に障害のある児を対象とする“すぎのこ学園(福祉型)”、知的な発達に遅れ等のある児を対象とする“みどり学園(福祉型)”があります。いずれも就学前のお子さんを対象にした通園です。

(児童関係 熱田区) 名古屋市教育センター子ども教育相談 「ハートフレンドなごや」

機関名 名古屋市教育センター 子ども教育相談「ハートフレンドなごや」
対象者 幼児から高校生年齢までの子ども本人・その保護者・学校関係者等

〒456-0031
住所 名古屋市熱田区神宮三丁目6番14号
TEL 052-683-8222
URL www.kyosen.ac.nagoya-c.ed.jp/sodan.html
交通機関 地下鉄名城線「伝馬町」下車 約5分、市バス「神宮東門」下車 約5分、名鉄「神宮前」下車 約5分、JR東海「熱田」下車 約10分
開所日・開所時間は、業務内容の欄へ

◆業務内容・活動内容
○ 相談内容
・ 子どもの教育・養育上の問題に関するあらゆる内容
○ 相談方法・相談日時
・ 電話相談 052-683-8222 (総合相談ダイヤル)
月~金 9:30~19:00 土 9:30~12:00(年末・年始及び祝日は除く)
・ 来所相談 052-683-6415 (予約専用ダイヤル)
月~金 9:30~17:00(年末・年始及び祝日は除く)
・ 訪問相談(学校を通しての申し込み)
月~金 9:00~16:00(年末・年始及び祝日は除く)
※ 不登校の小中学生が対象です。
・ メール相談 子ども教育相談「ハートフレンドなごや」のウェブページから相談。
随時受付(返信するまでに数日かかることもあります)

(就労関係  中村区) 名古屋中公共職業安定所

事業所名 名古屋中公共職業安定所(ハローワーク名古屋中) 専門援助第三部門
利用者状況 平成27年度新規求職者 2,267人
就職を希望する障害をお持ちの方の求職登録を行い、専門のスタッフが地域の関係機関と連携しながら、障害の程度に応じたきめ細かな職業指導、職業紹介、職場定着支援、事業主支援等を行っています。

〒450-0003
住 所 名古屋市中村区名駅南1-21-5
TEL 052-582-8171(45#)
FAX 052-581-0829
E-mail
URL
交通機関 名古屋駅各線より徒歩10分程度
制度名 国が行う職業紹介機関
事業開始年月日 昭和12年 8月31日
開所日 月曜~金曜日(祝日は休み)
時 間 8:30~17:15
登録者 身体:知的:精神:難病
身障WC あり エレベーター あり
◆支援までの流れ
障害者として求職登録するかどうかの予備的相談をしてから決定します。求職登録は居住地を管轄するハローワークで行っていただきます。(西区、中村区、中区、中川区、北区、北名古屋市、清須市、西春日井郡が名古屋中所の管轄)。この時手帳等の確認資料が必要となります。
登録を済まされると、どこのハローワークでも相談が可能です。この場合、新たに利用されるハローワークは手帳等の確認をして、相談を開始します。
サポーター(精神・難病)を配置して、専門的な相談も行っております(予約制)。
◆アピールポイント
○障害特性やご希望を十分うかがいながら相談を行います。

○各就労支援機関等とも連携し、就労をご支援します。

○毎月2回、障害者求人情報誌を発行しています。

○障害者就職面接会も実施しています。

◆これから働く方へ一言!
一人ひとりのご希望に沿った、就労(就職)を支援しています。お気軽に相談ください。

(就労関係 西区) なごや職業開拓校

法人名  社会福祉法人共生福祉会
事業所名 なごや職業開拓校
利用者状況  成人、精神障害、知的障害

〒451-0051
住 所 名古屋市西区則武新町2-24-14
TEL 052-582-6006
FAX 052-582-6022
E-mail kaitaku@sd.starcat.ne.jp
URL
交通機関 名鉄「栄生」駅 徒歩5分、地下鉄亀島駅 徒歩10分
制度名 障害者公共職業訓練(愛知県委託)
事業開始
年月日 平成13年4月
開所日 月~金
時 間 8時45分~16時
利用期間 2年コース(知的)、1年コース(精神)、他 3ヶ月コースあり
障害状況 知的:身体:精神/8:0:2
身障WC あり、エレベーター あり

◆支援までの流れ

◆アピールポイント
・東海3県唯一の障害者雇用促進法に基づいた「能力開発施設」です。県より委託を受け公共職業訓練を実施しています。
・就職初心者(経験が無い、自信がない等)の方を対象に、体験を重視した「はたらく上で必要な基本トレーニング」を行っています。施設内の製麺工場と直営店舗での作業では、日々たくさんのお客様相手に、より社会の現場に近い体験をしていただけます。また個々人の希望に応じた様々な会社での職場体験も実施しています。
・一人ひとりのやる気や希望、能力や適性に合った仕事の実現のため、日々企業開拓を行い、みなさんの「納得のいく進路」の実現に努めています。
◆これから働く方へ一言!
・就職実現の大きなポイントに「ご自分に合った支援機関・支援者を見つける」ことが言われます。
・見学を随時行っています。今後の進路や就職を考えられる際の1つの材料としてご活用ください。おいしいうどんも是非一度食べてみて下さい。見学希望の方は、上記連絡先までお気軽にお電話ください。

(就労関係 津島市) 海部障害者就業・生活支援センター

法人名  社会福祉法人 名古屋ライトハウス
事業所名 海部障害者就業・生活支援センター
対象者  障害のある方で一般就労を希望している方 障害手帳の有無は問いません

〒496-0807
住 所 津島市天王通り6丁目1番地六三ビル1階102号室
TEL 0567-22-3633
FAX 0567-22-3634
E-mail ama-shugyo@nagoya-lighthouse.jp
URL http://www.nagoya-lighthouse.jp/potu/
交通機関 名鉄津島線津島駅より西へ徒歩1分程度
開所日 月曜~金曜(祝日・年末年始は休み)
時 間 9時~17時
利用実績 身体:知的:精神:他/2:3:3:2
駐車場 あ り
身障WC あ り
◆業務内容
平成23年10月1日より開設となった事業所です。海部圏域(津島市、愛西市、弥富市、あま市、大治町、蟹江町、飛島村)と名古屋市の一部:港区・中川区を相談圏域とし、同地域内にお住いの方からの就業に関する相談をお受けし、必要に応じて関係機関との支援ネットワークを構築、ご本人への支援体制をコーディネート致します。
◆支援の流れ
[受付]
電話・ファックス・メールでお問い合わせください。

[面談予約]
相談の内容に応じて面談日・場所等を決めます。(当日の予約はできません)

[面談・相談]
相談の内容によって、その後の支援方法を考えていきます。

※企業等における見学や実習や就職後のフォローも致します。

◆アピールポイント
事務所は津島駅の西側に構えていますが、中川区及び港区在住の方に対しては、名古屋市内でも相談をお受けしています。まずは、上記連絡先まで、電話・ファックスもしくはメールにてご連絡ください。

◆これから働く方へ一言!
キーワードは「就業」です。働きたいと思われたら、まずはご一報。
あなたの「働く」「暮らす」を一緒に考えていきましょう!

(権利擁護関係 熱田区) 名古屋市障害者・高齢者権利擁護センター南部事務所

法人名 社会福祉法人 名古屋市社会福祉協議会
機関名 名古屋市障害者・高齢者権利擁護センター 南部事務所
対象者 知的障害者、精神障害者、認知症高齢者

〒456-0073
住所 熱田区千代田町20-26 名古屋市知的障害者センター サンハート内
TEL 052-678-3030
FAX 052-678-3051
E-mail
URL
交通機関 地下鉄 日比野駅下車 徒歩10分
開所日 月曜日~金曜日(祝日、年末年始を除く)
開所時間 9時~17時
◆業務内容・活動内容
【趣旨】
知的障害者・精神障害者・認知症高齢者など判断能力が不十分な方が、日常的な金銭管理などにお困りの場合に、地域で安心した生活を送ることができるよう、必要な援助を実施します。
【事業の内容】
(1)相談事業
日常的な金銭管理や財産保全に関する生活相談や相続・遺言など法律に関する法律相談に応じます。
法律相談 水・金曜日(祝日、年末年始を除く)午後1時30分からと午後3時から *法律相談は、予約制です。
(2)金銭管理サービス(1回1,000円、ただし生活保護世帯は無料)
自分では銀行の通帳から定期的に出金できない等の不安をお持ちの場合に、通帳を預かり、預貯金の出し入れや福祉サービスの利用料等の支払いを本人に代わって行います。
(3)財産保全サービス(月額250円、ただし生活保護世帯は無料)
ご自分の財産をご自分で安全に保管・管理することができないといった不安をお持ちの場合に、本人に代わって安全にお預かりします。
(4)福祉サービスの利用援助
金銭管理サービス及び財産保全サービスの契約者を定期的に訪問する事を通して、契約者の方ができるだけ本人の能力を生かし、地域で安定した生活ができるよう福祉サービスの利用援助等を行います。
【問い合わせ先】
《東区、北区、西区、中村区、守山区にお住まいの方》
名古屋市障害者・高齢者権利擁護センター北部事務所
〒462-8558 北区清水四丁目17-1(名古屋市総合社会福祉会館5階)
電話 919-7584  FAX 919-7585
《中区、熱田区、中川区、港区、南区にお住まいの方》
名古屋市障害者・高齢者権利擁護センター南部事務所
〒456-0073 熱田区千代田町20-26(名古屋市知的障害者センター サンハート内)
電話 678-3030  FAX 678-3051
《千種区・昭和区・瑞穂区・緑区・名東区・天白区にお住まいの方》
名古屋市障害者・高齢者権利擁護センター東部事務所
〒468-0015 天白区原1―301(原ターミナルビル3階)
電話 803-6100  FAX 803-6600

(権利擁護関係 中区) 名古屋家庭裁判所 後見センター

機関名 名古屋家庭裁判所
部署名 後見センター
対象者 後見等制度の支援が必要な方

〒460-0001
住所 名古屋市中区三の丸1-7-1
TEL 052-223-2015
FAX
E-mail
URL http://www.courts.go.jp/nagoya-f/
交通機関  地下鉄市役所駅5番出口から西へ550m、丸の内駅1番出口から北へ400m
開所日 月曜日~金曜日(祝日、12月29日~1月3日を除く)
開所時間 手続き案内受付時間 9:00~11:45、13:00~16:00
◆業務内容・活動内容
成年後見制度とは、認知症・知的障害・精神障害などによって判断能力が十分ではない方について、本人の権利を守る援助者(成年後見人等)を選ぶことで、本人を法律的に支援する制度です。制度の利用にあたっては、家庭裁判所での手続きが必要になります。
後見センターにおいては、成年後見(保佐、補助、任意後見を含む)のほか、未成年後見の家庭裁判所における手続き案内(制度全般、手続きの方法、必要書類、後見人の仕事などの説明)を行っています。

 

(権利擁護関係 中区) 名古屋家庭裁判所 後見センター

機関名 名古屋家庭裁判所
部署名 後見センター
対象者 後見等制度の支援が必要な方

〒460-0001
住所 名古屋市中区三の丸1-7-1
TEL 052-223-2015
FAX
E-mail
URL http://www.courts.go.jp/nagoya-f/
交通機関  地下鉄市役所駅5番出口から西へ550m、丸の内駅1番出口から北へ400m
開所日 月曜日~金曜日(祝日、12月29日~1月3日を除く)
開所時間 手続き案内受付時間 9:00~11:45、13:00~16:00
◆業務内容・活動内容
成年後見制度とは、認知症・知的障害・精神障害などによって判断能力が十分ではない方について、本人の権利を守る援助者(成年後見人等)を選ぶことで、本人を法律的に支援する制度です。制度の利用にあたっては、家庭裁判所での手続きが必要になります。
後見センターにおいては、成年後見(保佐、補助、任意後見を含む)のほか、未成年後見の家庭裁判所における手続き案内(制度全般、手続きの方法、必要書類、後見人の仕事などの説明)を行っています。

 

(権利擁護関係 北区) 名古屋市障害者虐待相談センター

機関名 名古屋市障害者虐待相談センター
対象者 身体障害、知的障害、精神障害、その他心身の機能障害があり、日常生活等に制限を受けておられる方
住所 〒462-8558 名古屋市北区清水4-17-1 名古屋市総合社会福祉会館5階
TEL 052-856-3003
FAX 052-919-7585
E-mail
URL
交通機関 地下鉄名城線「黒川」下車 徒歩5分
開所日 月~金曜日(祝日・休日・年末年始除く)
開所時間 午前9時~午後5時

◆業務内容・活動内容
障害者虐待に関する相談

(権利擁護関係 北 区) 名古屋市成年後見あんしんセンター

機関名 名古屋市成年後見あんしんセンター
対象者 本人又は相談者が名古屋市内に在住の方(相談内容:成年後見制度に関する相談)
あんしんセンター
住 所 〒462-8558 名古屋市北区清水四丁目17番1号 名古屋市総合社会福祉会館5階
TEL 052-856-3939
FAX 052-919-7585
E-mail なし
URL http://nagoya-seinenkouken.jp/
交通機関 地下鉄:名城線「黒川」下車1番出口より徒歩5分
開所日 月~金曜日(祝日、12月28日~1月3日除く)
開所時間 午前9時~午後5時
◆業務内容・活動内容
(1)成年後見制度に関する相談業務
● 一般相談 (無料/予約不要/電話相談可能)
センター職員(社会福祉士等)による相談です。
成年後見制度の概要説明、申立手続等についてご相談いただけます。
● 専門相談 (無料/要予約/電話相談不可)
弁護士又は司法書士による相談です。
成年後見制度に関連する法律問題についてご相談いただけます。
なお、相談者の状態によっては出張相談も可能です。
実施日 毎週 水曜日と金曜日
時 間 午後1時30分~ と 午後3時~(各相談時間は1時間程度)
場 所 水曜日(第2を除く)
障害者・高齢者権利擁護センター南部事務所(熱田区)
金曜日(第4を除く)
総合社会福祉会館5階(北区)
第2水曜日・第4金曜日
障害者・高齢権利擁護センター東部事務所(天白区)

司法書士による相談
実施日 第1、第3 水曜日
時 間 午後1時30分~ と 午後3時~(相談時間は1時間程度)
場 所 総合社会福祉会館5階(北区)

※2日前の午前中までの予約が必要です。
(2)市民後見人の養成・支援
当センターでは、親族や法律・福祉の専門職ではない、家庭裁判所から個人で後見人等に選任される市民である「市民後見人」の養成を行っています。
選任にあたっては一定の条件が必要ですが、市民感覚・市民目線を活かした新たな成年後見の
担い手である「市民後見人」の選任後の支援を行っています。

(権利擁護関係 中 区) 名古屋市消費生活センター

機関名 名古屋市消費生活センター
対象者 名古屋市在住、在勤、在学の消費者

〒460-0008
住 所 名古屋市中区栄一丁目23-13 伏見ライフプラザ11階
TEL 052-222-9679(事務室)
FAX 052-222-9678
E-mail a2229679@shiminkeizai.city.nagoya.lg.jp
URL http://www.seikatsu.city.nagoya.jp
交通機関 地下鉄伏見6番出口 南へ350m、地下鉄大須観音4番出口 北へ450m
開所日 祝日・年末年始を除く月~金
時 間 8時45分~17時30分(事務室)

◆業務内容・活動内容
(1)電話、来所による相談(月~金) 9時~16時15分 (祝日、年末年始除く)
a)消費生活相談 052-222-9671
「訪問販売で、ついつい必要のない高価な商品を買ってしまった」「クリーニングに出したらスーツにシミができてしまった」などの一般相談。

b)架空請求ホットダイヤル 052-222-9674
ハガキやメール等による架空請求、携帯電話やパソコンの有料サイト不当請求に関する相談。
c)サラ金・多重債務特別相談 052-223-3160
消費者金融からお金を借りて返済が出来なくなってしまったなどの相談。弁護士または司法書士による無料の面接相談あり。(予約制 13時30分~16時30分)

d)金融商品等特別相談 052-222-9671
未公開株・あやしい社債・外国通貨などの金融商品や詐欺的投資商法などについての相談。弁護士による無料の面接相談あり。(予約制 13時30分~16時)

(2)電話による相談 052-222-9690
(土・日)9時~16時15分(祝日、年末年始除く)、(1)のa)、b)、 c)、d)と同じ内容

(3)指導・啓発 052-222-9679
(月~金)8時45分~17時30分(祝日、年末年始除く)
a)消費生活講座-1テーマ4回のシリーズ講座で「食の安全性」「消費者のための経済学」など身近な消費者知識を学習します。

b)出張講座-ご要望に応じて相談員がお住まいの地域や企業・学校に出向き、悪質商法や最近の相談事例などについてお話します。
c)情報誌の発行-身近な消費生活の話題を取り上げて紹介する「くらしのほっと通信」を発行。

d)ウェブサイトの運営-講座の案内や消費者トラブルの被害事例・対処方法等を情報提供。

(4)くらしの情報プラザ 052-222-9677
(月~土)9時~17時(祝日、年末年始除く)

a)図書、DVDの貸し出し-消費者教育に役立つ図書やDVDを取り揃え視聴もできます。

b)情報検索-消費生活アドバイザーや消費生活専門相談員の資格を持った情報アドバイザーがあなたの情報検索のお手伝いをします。

c)くらしのゼミナール-消費者トラブルに遭わないための予備知識や対処の仕方、消費者情報をビデオなどを使用しながらわかりやすく解説します。

(権利擁護関係 熱田区) リーガルサポート愛知支部

法人名 公益社団法人 成年後見センター
機関名 リーガルサポート愛知支部
対象者 高齢者、知的障がい者、精神障がい者

〒456-0018
住所 名古屋市熱田区新尾頭1丁目12番3号 愛知県司法書士会館内
TEL 052-683-6696
FAX 052-683-6288
E-mail
URL http://www.ls-aichi.jp/
交通機関 金山総合駅 徒歩5分
開所日 月曜日~金曜日(祝日、年末年始、お盆を除く)
開所時間 午前10時~午後3時

1.事業・目的
(1)専門職後見人等(任意後見人、成年後見人、保佐人、補助人、監督人)の養成、推薦及び指導監督
(2)財産管理及び身上監護の事務の指導監督
(3)遺言執行事務の指導監督
(4)法人後見等(任意後見、成年後見、保佐及び補助の事務並びに財産管理事務等)
(5)法人後見監督等(任意後見監督、成年後見監督、保佐監督及び補助監督の事務)
(6)任意後見契約の委任者等の意思能力の調査に関する事務
(7)前各号に掲げるもののほか、高齢者、障害者等の権利の擁護に関する活動
(8)研修会等の企画、開催及び講師の紹介
(9)成年後見制度に関する調査、研究及び普及活動
(10)成年後見制度に関する書籍及び印刷物の企画、出版及び頒布
(11)成年後見制度に関する視聴覚教材の企画、制作及び頒布
(12)国、地方公共団体、福祉団体、職能団体等との連携による上記各事業の推進のための活動

2.主な活動
(1)専門職後見人等候補者の育成
社員(愛知県司法書士会会員のうち当法人に入会した者)に一定時間の研修を義務づけ、これを履修した者を後見人候補者名簿に登載し、名古屋家庭裁判所に提出している。又、登載された者は、2年毎に一定時間以上の研修を義務づけられており、これを履修しない場合は名簿から抹消されることとなっている。

(2)専門職後見人候補者等の推薦・紹介
後見人候補者名簿を家庭裁判所に提出しているが、法定後見人や任意後見契約・任意財産管理契約の契約受任者の紹介を希望される方には、原則として名簿登載者の中から紹介している。
なお、後見人や契約受任者等になった社員には、定期的に、業務報告書を提出させ、これを支部執務管理委員会にてチェックするとともに、当該社員の執務を監督・支援している。

(3)法人後見
依頼の事案によっては、成年後見人、保佐人、補助人、監督人、任意後見契約・任意財産管理契約の受任者に、リーガルサポートが法人として就任することも可能である。ただし、法人後見の要件を満たしているかどうかについて、本部法人後見委員会での事前審査が必要となっている。

(4)相談活動
平日の午前10時から午後3時まで成年後見に関する無料電話相談を行っている。また、各地域において出張相談会を企画し、相談員を派遣している。

(5)広報活動
成年後見制度の普及に向け広報活動を行っている。主な広報活動は、パンフレットの作成配布、マスコミへの情報提供、ホームページの開設 (http://www.ls-aichi.jp/)、各種相談会・研修会の企画・実施等となっている。また各社員に対しては、随時メルマガ・FAX等で情報提供を行っている。
(6)管理指導体制
(1)のとおり、後見候補者や契約受任者等の執務を行う社員については、一定の研修の履修を義務付けており、また執務内容について定期的に報告を求めて管理し、これを支部にて監督・支援しているが、本部には学識経験者等を中心メンバーとする業務審査委員会が設置されており、判断に迷う事例については、最終的にこの委員会の意見を求めるとこととしている。
また成年後見制度を実践する上においては、日常的に様々な問題が生ずるが、これらについても本部において執務管理委員会、業務相談委員会、高齢者虐待防止委員会、医療行為の同意検討委員会を設置し、研究するとともに、各地の情報の集積に努めている。
また法人後見については、支部法人後見委員会と本部法人後見委員会にて、担当社員の執務につき、監督・支援をしている。

(7)相談会開催、相談員・講師派遣活動
行政・企業・福祉関係団体等と連携し成年後見制度に関連した相談会を開催したり、行政・企業・福祉関係団体等の企画開催する成年後見制度に関連した研修会・学習会・相談会に、講師・相談員を派遣している。
(8)市民後見人育成事業への支援
自治体等で行われる市民後見人育成事業に対して、講師派遣、相談員派遣、研修テキストの紹介などの支援をしている。

(その他 名東区) 名古屋市障害者スポーツセンター

法人名 社会福祉法人 名古屋市総合リハビリテーション事業団
事業所名 名古屋市障害者スポーツセンター
対象者 身体・知的障害者、児、精神障害者

〒465-0055
住所 名古屋市名東区勢子坊2丁目1501番地
TEL 052-703-6633
FAX 052-704-8370
E-mail nago.sad@viola.ocn.ne.jp
URL http//www.nagoya.rehab.or.jp/sports/index.html
交通機関 地下鉄本郷駅 徒歩20分、市バス 障害者SCバス停 1分
開所日 原則として毎週水曜日・国民の祝日の翌日・年末年始(12月29日~翌年1月3日)
開所時間 9:30~20:30
◆業務内容・活動内容
1.スポーツ施設・会議室等の利用
スポーツ施設(5のみ事前予約が必要)
◎トレーニング室-有酸素運動(エアロバイク3台、トレッドミル2台)筋力トレーニング(上半身マシン3台、下半身マシン3台等)セラバンド、ストレッチポール、ダンベル等もあります。

※指導員がトレーニングメニューのアドバイスをします。

◎卓球室 4台常設
※ラケット・ボールは貸出しております。
※指導がアドバイス等行ないます。
※お一人でのご利用も大丈夫です

◎サウンドテーブルテニス 3台常設
※視覚障害の方が楽しめる卓球です。
※ラケット・ボールは貸出しております。
◎プール 25m6レーン(基本レーン割り振り1・2レーン⇒25m以上泳ぐ方、3レーン⇒視覚障害者優先レーン、4・5・6レーン⇒フリーレーン

◎体育室-団体(5名以上)で事前予約をしていただくと専用利用にてご利用出来ます。(土・日・祝日を除く)

スポーツ施設以外
◎会議室、ボランティアルーム、和室、会議等でご利用いただけます
◎料理室…車いす・視覚障害者対応
2.種目別練習日の参加
※事前の申し込みの必要がなく、気軽に参加していただくスポーツ練習日です。
月に1~2回実施。当センター指導員やボランティアさんと楽しくスポーツを行いましょう!(詳しい日程は、ホームページをご確認ください。)                      3.準備していただくもの                                                                  プール…水着、スイムキャップ                                                             トレーニング室、卓球室、サウンドテーブルテニス室、体育室…室内シューズ、運動のできる服装

トレーニング室、                 サウンドテーブルテニス室

プール、                     卓球室

名古屋市仕事・暮らし自立サポートセンター名駅

事業所名
名古屋市仕事・暮らし自立サポートセンター名駅

仕事・暮らし

住所 〒450-0003
名古屋市中村区名駅南一丁目5-17
ネットプラザ柳橋ビル3階
TEL 052-446-7333
FAX 052-446-7555
E-mail sigoto.kurasi@support-nagoya.jp
URL http://support-nagoya.jp/
交通機関 地下鉄桜通線国際センター駅3番出口から徒歩約10分
名古屋駅から徒歩約15分
柳橋バス停からすぐ
開所日  月~金 第二土曜日
時間   9時~17時(火は20時まで)
対象   名古屋市内在住の方で、現在生活保護を受給されていない方

◆基本方針・理念
平成27年4月に施行された生活困窮者自立支援法に基づいて、名古屋市が設置している相談支援センターです。経済的な問題、仕事の問題、家庭の問題、生きづらさを抱えているなど、幅広く相談をお受けしています。ご利用・ご相談は無料です。ひとりで悩まず、サポートセンターにお気軽にご相談ください。来所が困難な場合などは、訪問や同行支援を行います。

◆事業内容
◎自立相談支援(総合相談・総合支援)
様々な相談を幅広くお受けし、解決策を一緒に考えます。個別に必要な支援を組み合わせながら支援し、自立した生活ができるようサポートしていきます。

◎住居確保給付金(家賃の補助)
離職により家賃の支払いに困っている方などに、再就職活動をすることを条件に一定期間家賃の一部を補助する制度です。離職後2年以内・65歳未満・世帯の生計維持者・常用就職を希望しハローワークに登録している・収入、預貯金金額が基準を下回っているなどの条件があります。
◎就労準備支援、認定就労訓練(就労支援)
対人関係や就職に不安があったり、長年就労経験がなく自信が持てない方などに対し、各種講座や就労体験等、就労に向けた支援を行います。

◎家計相談支援(家計の見直し、債務整理)
収支のバランスが崩れている方、債務の返済で苦しんでいる方などに対し、家計表の作成、弁護士・司法書士等による債務整理等を通して、家計を管理できるよう支援を行います。

※仕事・暮らし自立サポートセンターは市内3カ所(名駅・金山・大曽根)に設置されていますが、各センターの利用に管轄区域の設定はありませんので、希望するセンターにご相談ください。(訪問の場合は、管轄区域がありますので事前に最寄りのセンターへご連絡ください)

仕事・暮らし2