法人名  社会福祉法人 名古屋市総合リハビリテーション事業団
事業所名 名古屋市総合リハビリテーションセンター障害者支援施設 (視覚支援課)
利用者状況  15歳以上の視覚に障がいのある方で、リハビリテーション訓練を必要とする方

 

〒467-8622
住所 名古屋市瑞穂区弥富町字密柑山1番地の2
TEL 052-835-3523(直通)
FAX 052-835-3745(代表)
E-mail sikaku@nagoya-rehab.or.jp
URL http://nagoya-rehab.or.jp
交通機関 地下鉄名城線「総合リハビリセンター」駅すぐ
制度名 自立訓練(機能訓練(視覚障害))
事業開始年月日 平成20年4月1日
開所日 月~金(祝日及び年末年始を除く)
開所時間 9時30分~16時
利用期間 おおむね1年
身障WC あり エレベーター あり

◆サービス内容
主に人生の中途で目が見えなく・見えにくくなった方に対して、下記のような社会適応訓練を行い、様々な不自由さを軽減・解消し、その方らしい生活を送れるよう支援します。
1.歩行訓練
他者と一緒に歩くガイド歩行、屋内での歩行から始め、白杖を使用して行きたい場所へ安全に確実に効率よく一人で外出できるように訓練を行います。
2.ICT訓練
音声ソフトや画面拡大ソフトなどを用いて、メール・HP閲覧・ファイル管理などのパソコン基本操作を訓練を行います。また録音再生機や携帯電話、iPadなどの機器の訓練を行います。
3.点字訓練
自分で読み書きできる新しい文字として点字の習得を目指して訓練を行います。
4.ADL訓練
日常生活に必要な身辺処理や調理など基本動作を習得する訓練を行います。
5.ロービジョン訓練
視力・視野が残っている方に対し、拡大読書器、ルーペなど各種道具の紹介及び使用法の訓練を行います。

◆アピールポイント
相談された方の状況やニーズに応じて、入所・通所・訪問とさまざまな形式での訓練を実施しています。
人生の中途で視覚に障がいを持ったとき、ご本人も家族も何をどうすればよいのかわからず、非常に困っていらっしゃると思います。
まずはお気軽にご相談ください。相談の中から一緒に考えていきたいと思います。

Pocket