法人名 公益社団法人 成年後見センター
機関名 リーガルサポート愛知支部
対象者 高齢者、知的障がい者、精神障がい者

〒456-0018
住所 名古屋市熱田区新尾頭1丁目12番3号 愛知県司法書士会館内
TEL 052-683-6696
FAX 052-683-6288
E-mail
URL http://www.ls-aichi.jp/
交通機関 金山総合駅 徒歩5分
開所日 月曜日~金曜日(祝日、年末年始、お盆を除く)
開所時間 午前10時~午後3時

◆業務内容・活動内容
1.事業・目的
(1)専門職後見人等(任意後見人、成年後見人、保佐人、補助人、監督人)の養成、推薦及び指導監督
(2)財産管理及び身上監護の事務の指導監督
(3)遺言執行事務の指導監督
(4)法人後見等(任意後見、成年後見、保佐及び補助の事務並びに財産管理事務等)
(5)法人後見監督等(任意後見監督、成年後見監督、保佐監督及び補助監督の事務)
(6)任意後見契約の委任者等の意思能力の調査に関する事務
(7)前各号に掲げるもののほか、高齢者、障害者等の権利の擁護に関する活動
(8)研修会等の企画、開催及び講師の紹介
(9)成年後見制度に関する調査、研究及び普及活動
(10)成年後見制度に関する書籍及び印刷物の企画、出版及び頒布
(11)成年後見制度に関する視聴覚教材の企画、制作及び頒布
(12)国、地方公共団体、福祉団体、職能団体等との連携による上記各事業の推進のための活動

2.主な活動
(1)専門職後見人等候補者の育成
社員(愛知県司法書士会会員のうち当法人に入会した者)に一定時間の研修を義務づけ、これを履修した者を後見人候補者名簿に登載し、名古屋家庭裁判所に提出している。又、登載された者は、2年毎に一定時間以上の研修を義務づけられており、これを履修しない場合は名簿から抹消されることとなっている。

(2)専門職後見人候補者等の推薦・紹介
後見人候補者名簿を家庭裁判所に提出しているが、法定後見人や任意後見契約・任意財産管理契約の契約受任者の紹介を希望される方には、原則として名簿登載者の中から紹介している。
なお、後見人や契約受任者等になった社員には、定期的に、業務報告書を提出させ、これを支部執務管理委員会にてチェックするとともに、当該社員の執務を監督・支援している。

(3)法人後見
依頼の事案によっては、成年後見人、保佐人、補助人、監督人、任意後見契約・任意財産管理契約の受任者に、リーガルサポートが法人として就任することも可能である。ただし、法人後見の要件を満たしているかどうかについて、本部法人後見委員会での事前審査が必要となっている。

(4)相談活動
平日の午前10時から午後3時まで成年後見に関する無料電話相談を行っている。また、各地域において出張相談会を企画し、相談員を派遣している。

(5)広報活動
成年後見制度の普及に向け広報活動を行っている。主な広報活動は、パンフレットの作成配布、マスコミへの情報提供、ホームページの開設 (http://www.ls-aichi.jp/)、各種相談会・研修会の企画・実施等となっている。また各社員に対しては、随時メルマガ・FAX等で情報提供を行っている。

(6)管理指導体制
(1)のとおり、後見候補者や契約受任者等の執務を行う社員については、一定の研修の履修を義務付けており、また執務内容について定期的に報告を求めて管理し、これを支部にて監督・支援しているが、本部には学識経験者等を中心メンバーとする業務審査委員会が設置されており、判断に迷う事例については、最終的にこの委員会の意見を求めるとこととしている。
また成年後見制度を実践する上においては、日常的に様々な問題が生ずるが、これらについても本部において執務管理委員会、業務相談委員会、高齢者虐待防止委員会、医療行為の同意検討委員会を設置し、研究するとともに、各地の情報の集積に努めている。
また法人後見については、支部法人後見委員会と本部法人後見委員会にて、担当社員の執務につき、監督・支援をしている。

(7)相談会開催、相談員・講師派遣活動
行政・企業・福祉関係団体等と連携し成年後見制度に関連した相談会を開催したり、行政・企業・福祉関係団体等の企画開催する成年後見制度に関連した研修会・学習会・相談会に、講師・相談員を派遣している。

(8)市民後見人育成事業への支援
自治体等で行われる市民後見人育成事業に対して、講師派遣、相談員派遣、研修テキストの紹介などの支援をしている。

Pocket