法人名 特定非営利活動法人 全国重度障害者相談支援協会
事業所名 自立生活センター・えくも
法定種別 指定特定相談支援事業 指定障害児相談支援事業 指定一般相談支援事業
住所 〒456-0058 名古屋市熱田区六番1-5-7
TEL 052-228-9737
FAX 052-228-9738
E-mail cobaban@yahoo.co.jp
URL
交通機関 地下鉄名城線六番町駅 1番出口(エレベーター)徒歩7分 4番出口徒歩5分
開所日 月曜日~金曜日(祝祭日を除く)
開所時間 13時~17時
職員数  1名(専任)

◆基本方針・理念
私たち、「自立生活センター」の活動は、1972年までさかのぼります。
かつて障がい者を援けられるのは医者、OT、PT、カウンセラー等の専門家だけだと考えられてきました。
しかし1972年アメリカのカリフォルニア州バークレーに障がい者自身が運営し、障がい者にサービスを提供する”自立生活センター”が設立されました。
自立生活センターが提供するサービスを利用することにより、重度の障がいがあっても地域で自立して生活することが可能になりました。
自立生活センターの活動は、その後、日本を含む全世界に広がっていきました。
現在、日本には、130団体の自立生活センターがあります。

日本各地の自立生活センターは、これまでも、障がい者スタッフが当事者と一緒に自立生活を考え、作り上げていくこと(特定相談支援)や施設からの当事者の自立支援(一般相談支援)と同様の活動を行ってきました。
その全国各地の自立生活センター、2011年春に相談支援部門を切り離し、それらを合併して設立したのが、「全国重度障害者相談支援協会」になります。
そして、現在、北海道から沖縄まで40を超える支部が活動しています。

どんな障がいをもつ人でも
「自分の人生・行動を楽しみ、自分らしい生き生きとした自立生活」
を送っていけるよう、一緒に考えていきます。

◆事業内容
どのようなご相談でも、一緒に考えていきます。
特に24時間介助の必要な全身性障がい者等の1人暮らしの支援などに豊富なノウハウを持っています。

◆関連事業
自立生活センターekumpがおこなっている「ピアカウンセリング」、「自立生活プログラム」などを活用しながら自立生活へのサポートをおこなっています。
権利擁護や虐待防止などにも、力を入れています。

Pocket