区役所福祉展示お知らせ♪
中川区役所内・福祉課奥のスペースで、区内事業所の作品を展示しています。
利用者さんが作った作品を月替わりで展示していますので、ぜひご覧下さい♪

12   6 3 4   57

 

8月は、わーくす昭和橋の作品を展示しています♪
9月は、い~まCrea中川Ⅰ、Ⅱ、Crea松葉公園の作品の展示予定です。

★おすすめの一冊コーナー★ (今月は「一本の映画」です)
あの夏、いちばん静かな海。(1991年、監督:北野 武)

8
私がお勧めしたい映画は、監督:北野武氏の『あの夏、いちばん静かな海。』です。
バイオレンス描写で有名な北野監督が一転して、聴覚障害者を主人公とする物語で、サイ
レント映画のようです。映画の場面では、聴覚障害者の主人公に対して、何かを責めたり
悪口を言う時も、個性を欠点としてあげつらうんじゃなくて、個性は個性としあたり前
だっていうスタンスを持っています。ゴミ収集の仕事仲間たち、特にサーフィンの仲間たちは障害が特別なことだとは考えていません。耳が不自由だってことは既成の事実で、コミュニケーション手段は会話以外にもいくらでもあるということを表現しています。私も障害をもっている人は特別な人というより、そんな個性を持っている人という捉え方をするようにしています。「自分には障害はないけど、障害者に対してはこんなに理解があるのよ」という人ではなく、何も変わらず、一緒に生きていくというスタンスになりたいです。そして困っている人を見かけた時に、無視するような人間ではなく、声がけできる自分でありたいです。古い映画ですが、是非、皆様も時間がありましたらご鑑賞くださいませ。

広報啓発部会 7月24日(火)開催
☆区役所物販「ハートフルショップ買ってってちょ~」について
4月 本区58,120円、支所12,140円 5月 本区49,680円、支所6,440円
6月 本区73,970円、支所7,980円
・区役所における授産製品販売について1日2事業所行うことができるようになりました。
・支所でのぼり旗をつくります。

9

☆チームメッセンジャーについて
・6月7日ワーキンググループ報告を開催し、参加事業所は7名で、VTRを見ながら意見交換を行いました。
☆意見・感想
「イメージとしてはよかった」「障害特性の説明も入れると良いのでは?」「チームメッセンジャーを募集しています、という案内を入れてはどうか?」などが出ました。
☆ガイドブックのワーキンググループ
・今年度よりガイドブックのワーキンググループを設置し新しいガイドブック作りについて
話しあっていきます。
☆中川区民まつりについて
・10月28日荒子公園にて区民まつりを行います。内容は雨で中止となった昨年度と同じです。

10

定例会 7月30日(月)開催
相談支援部会:部会以外での交流が出来るように昼食サロンを行っていますが、参加者が少ないので、皆さんに参加をして貰える様に工夫をしていきます。8月に西養護学校との進路学習会、松蔭病院、いきいき支援センターとの勉強会を予定しています。
広報啓発部会:昨年度よりチームメッセンジャー、物販のワーキンググループを立ち上げました。今年度は「中川区障害者・障害児支援ガイドブックのワーキンググループ」を立ち上げています。
権利擁護部会:1月29日に「中川区の人権尊重まちづくり事業」と連携をして椙山女学園大学:堀田あけみ氏を講師として招いて、研修会を行う予定です。
防災部会:9月2日(日)に予定している名古屋市総ぐるみ防災訓練(長須賀小学校)では当事者の方にも
参加して頂き、災害時当事者への対応を学区の住民に体験して頂く予定にしています。今年度は、
「区の特性に応じたまちづくり事業」として「中川区災害時要援護者(障害児者)支援ガイドブ
ック」の作成に向けて、取り組んでいます。
人材育成部会:9月6日(木)に「ストレスコントロール いきいき働くために」をテーマに石橋クリニック院長の石橋氏を講師に招き、研修会を行う予定です。

11
西ブロック協議会
・四区合同相談支援事業所学習会を7月に開催しています。
・「Go ふくし in the west!」は今年で3回目になります。地域の社会資源を知って頂く機会とは別に
今年度は福祉に携わる人の啓発活動を行いました。
名古屋市自立支援連絡会の報告、課題について(重要なものから優先的に順位付けをしています)
①強度行動障害のある方への支援、②防災への取り組み、③虐待の対応への取り組みについて検討
を行っていく予定になっています。

☆各機関からの報告、助言等
【西養護学校】・今年度は、職員室やプレイルームなどの改修・整備を行いました。合わせて指導力の向上を目指して1学期の指導のまとめを行い、2学期の指導計画を考えるように指示しています。

12
【港特別支援学校】・近年、保護者が仕事をしながら、生徒の通学の支援を行い、サービスの利用なども受けている方が増えています。看護師不足により医療的ケアが必要な生徒を受け入れることができない日があり、看護師が不足している現状で、保護者も安心して働けない状況になっています。
【掖済会病院】・昨年12月より地域包括ケア病棟として47床を設けて、在宅を目指して60日以内の退院に向けて取り組んでいます。何かあれば医療相談室、退院調整室が対応しています。また無料定額診療などもとりくんでいます。
【松蔭病院】・昨年より地域移行を推進する地域移行機能強化病棟を立ち上げています。1年で12名の方の退院が目標になっています。
【海部障害者就業・生活支援センター】
・一般就労への支援や就労の定着の支援を行っています。名古屋市外だと福祉乗車券もなく、就労移行支援
事業所へ通えないケースも出てきて、事業所へ繋がらない事もあります。

☆中川区における障害福祉の現状と課題について
①各分野の機関との連携②地域診断、情報提供 ③区民への障害への理解啓発、障害当事者への障害福祉サービスなどの制度の周知 ④障害福祉サービスの提供についての課題 ⑤虐待防止、差別解消などが不十分⑥災害時の対策が不十分 ⑦支援スキルの向上を図りたい
以上の課題解決に向けて各部会で取り組んでいきます。

13

相談支援部会 西養護学校との進路学習会 8月6日(月)開催
☆西養護学校での進路指導の状況、現状について
・今年度の高等部3年生の6月までに終了した実習の様子を動画・写真で見せてもらい、実習は1週間から2週間で行っています。実習は約20か所の事業所で行いました。西養護学校の傾向として就労継続支援B型事業所+生活介護で高等部3年生の半数となり、夏季休業は150人ほどが実習を行っています。
・最近は企業の職種も増えており、主にパソコン入力・清掃業務が多くなってきています。

☆平成30年度障害福祉サービス等報酬改定における主な改定内容
・4つのポイントがあります。
①重度障害のある方に対して支援が広がった
②地域での福祉サービスとして、自立生活援助、生活定着支援ができた
③高齢障害者の介護保険問題
④障害者への支援として医療ケアの重要な児童へのサービス、居宅訪問型児童発達支援の新設 があります。

14

☆グループワークで出た意見・感想
・進路や実習時の相談員の関わりについて→進路指導の先生に相談・今までの実習先の一覧を渡しています。
・事業所の情報を知る手段などはないか?→中川区内の事業所であれば「中川区障害者・障害児支援ガイドブック」を作成しているので活用してもらえればと思います。

15

研修・講演会・教室のご案内
「第34回名古屋シティハンディマラソン」
○期 日:平成30年10月7日(日) 小雨決行
受 付:午前9時~9時50分 開会式:午前10時 スタート:10時45分~
○対 象:①ハンディキャップのある人及び共にマラソンに参加しようとする人
②小学生以上で、自分の健康管理に責任の持てる人 ※小学生は保護者同伴のこと
③主催者が招待した人
○参加費:無料
○申 込:①申込書に必要事項を明記・捺印して郵送または名古屋シティハンディ
マラソン事務局まで持参
②ホームぺージより参加登録。→http://www.aju-cil.com
○申込期間:平成30年8月15日(水)~9月15日(土)当日消印有効
○申込先:〒466-0037 名古屋市昭和区恵方町2-15名古屋シティハンディマラソン事務局
TEL:052-851-5240 FAX:052-851-5241

16

次回 防災部会 総ぐるみ防災訓練 9月2日(日) 9:30~12:00
場所:長須賀小学校

防災部会 ガイドブック第3回 ワーキンググループ 9月21日(金)9:30~
場所:中川区役所第1会議室

相談支援・権利擁護・人材育成合同 講演会
9月6日(木) 9:30~11:30
場所:わーくす昭和橋会議室

広報啓発部会 ワーキンググループ 9月7日(金)
・チームメッセンジャー 10:30~
・物 販        13:00~
場所:中川区役所小会議室

事務局
中川区役所
中川保健センター
中川区社会福祉協議会
中川区障害者基幹相談支援センター

17

問い合わせ先
中川区障害者基幹相談支援センター
〒454-0828
名古屋市中川区小本一丁目20番37号
サポートセンターbeing小本内
TEL052-354-4521
FAX052-354-2201

Pocket