第68号 平成28年9月吉日発行
★防災部会 なごや市民総ぐるみ防災訓練★9月4日(日)開催

2%e9%98%b2%e7%81%bd%e8%a8%93%e7%b7%b4 3%e9%98%b2%e7%81%bd%e8%a8%93%e7%b7%b4 1%e9%98%b2%e7%81%bd%e8%a8%93%e7%b7%b4
春田小学校にて行われた、なごや市民総ぐるみ防災訓練に参加しました。
地域の方20名に参加いただき、2人1組になり、4つのグループに分かれて、身体障害の車いす体験、視覚障害のアイマスク体験、知的障害の軍手折り紙体験、発達障害の物の見え方体験を行いました。
<ご意見・ご感想>
・体験していただいた地域の方から、外からは分かりにくい障害の方への声のかけ方が難しいとのご意見もいただきました。
・体験によって、障害をお持ちの方達の不安を実感できたと言っていただきました。
・体験では「こわい」の言葉が多く聞かれました。
・今後も体験するという形の方が伝わりやすいと思いました。
ご意見・ご感想をありがとうございました!


★広報啓発部会よりお知らせ★
●中川区区民まつり
10月23日(日)10:00~15:00 場所:露橋公園・露橋小学校にて「中川区障害者自立支援連絡協議会」も出展し、福祉体験などを行います。ご都合が宜しければぜひお越しください!


★チームメッセンジャー★9月15日(木)開催

dsc_0512dsc_0514
豊治コミュニティセンターにて豊治民生委員児童委員の方々へチームメッセンジャーを行いました。アイマスク体験を行い、二人一組で視覚障害者体験を行い、障害特性については、「こんなときどうする?」を使用しながら、事例など交えながら伝えることができました。今後、困りごとがあれば相談を行う先としての窓口として、中川区役所福祉課や中川区障害者基幹相談センターについて再確認と参加された民生児童委員の皆様との顔つなぎが出来ました。
<民生委員のみなさんの感想(講演について)、質問>
・アイマスク体験をして、慣れない部分や見えないという事はとても困ると思いました。
・障害のある方の相談先について困る事もあり、紹介した先で合っているか悩む時もあります。
→関係機関は連携しているので、まずは区役所の福祉課や今まで関わっていて、相談しやすい所へ相談をしてもらうのが良いと思います。


★人材育成部会★
☆スタッフ体験実習へ行ってきました☆
●実習先:戸田川グリーンヴィレッジ
<感想>
・私自身身体障害者の方への介助はこれまで経験が少なく、いろいろ初めての体験が多かったのですが、機械浴も初めての体験でした。緊張しながら介助させていただきましたが、とても気持ちよく入られておりうれしく思いました。また、施設には車いす同士の衝突事故を防ぐためのミラーが角に設置されるなどハード面での配慮や、日帰り旅行やネットスーパーの利用など個人が暮らしやすくする環境を提供されておりました。このようにいろいろな支援を丁寧に行うのは、これまでの支援の積み重ねであると感じました。
・一番印象に残ったのは、各専門職同士の連携がとてもよく取れているということです。食事の形態や自助具、体位交換の時間や向き、身体上のごく小さな変化等をその場で判断するのではなく皆で共有、皆で検討し、きちんと経過を記録して次の支援に活かす、ということが行なわれていたことに感銘を受けました。
●実習先:めいせいなかよしハウス
<感想>
落ち着いたアットホームな雰囲気での事業所でした。工賃を追及するわけでなく、日々の暮らしのリズムを整える日中活動としての役割を果たしておられました。そのため、午前中だけの利用、14時早退の方もお見えになりました。通所型の事業所でもあり、調子の悪い方は見えませんでしたが、支援者の方々はごくごく普通に接する中にも利用者さんの小さな変化も見逃さない視線を感じました。実習前に「普通に接してくれればいい」と言われたその通りだと思いました。今回とても良い勉強となりました。
スタッフ体験実習は、随時受付しています。ご希望の方はお問い合わせください。


★おすすめの一冊コーナー★

%e7%84%a1%e9%a1%8c
「マンガでわかる!統合失調症」 著者:中村ユキ
この本は「統合失調症を正しく知って上手につきあおう!」ということを目的にして描かれたコミックエッセイです。
どんな人でも気軽に最後まで読めるようストーリー仕立てになっており、病気の発症から受診や入院、薬物療法や副作用について、また予防や回復期についても分かりやすく具体的なやり方が描かれています。
統合失調症のことをはじめて知る方、当事者ご本人にもおすすめの一冊です。


★区役所福祉展示お知らせ★
中川区役所内・福祉課奥のスペースで、区内事業所の作品を展示しています。利用者さんが作った作品を月替わりで展示していますので、ぜひご覧下さい♪
9月はアシストの作品です♪

dsc_0480dsc_0482


★人材育成部会★
「障害のある子ども・青年への性に関する支援について」
子どもたちの“性”に関して、日々支援の中で困ったこと、悩んだことはありませんか?主に子ども・青年への支援について、基本的なことをお話していただきます。
日時:平成28年10月31日(月)10:00~12:00(受付は9:30~)
講師:伊藤 修毅 氏 日本福祉大学 子ども発達学部 心理臨床学科 准教授
申し込み・お問い合わせ:中川区障害者基幹相談支援センター TEL052-354-4521 FAX052-354-2201


 ★研修・講演会・教室のご案内★
申込書等、詳細については各連絡先にお問い合わせ下さい。

「障がいのある子ども・若者の思春期」どう捉えて支援するか
~保護者・支援者向けの講座です~
◇1回目:日 時:2016年11月24日(木)10:00~12:00
○場 所:ウインクあいち12階1208 (中村区名駅四丁目4-38 名古屋駅より徒歩5分)
○講 師:伊藤 修毅 氏 (日本福祉大学准教授)
◇2回目:日 時:2017年1月29日(日)
○場 所:日本福祉大学名古屋キャンパス (中区千代田5-22-35 鶴舞駅より徒歩5分)
○講 師:木全 和巳 氏 (日本福祉大学教授)
◇参加費(1回)子ども&まちネット会員無料、一般500円
◇お問い合わせ・申し込み
〒464-0076千種区豊年町3-18 UR都通団地1棟111号室 TEL&FAX 052-768-5914

「実は身近な発達障害「お互いさま」でいこう~社会は違いでできている~」
○日 時:平成28年11月27日(日)13:00~16:30(12:30より受付)
○場 所:鯱城ホール(名古屋市中区栄一丁目23番13号 伏見ライフプラザ5階)
地下鉄伏見駅6番出口より南へ7分
○定 員:600名・参加費無料(応募者多数の場合は抽選。後日通知)、事前申し込みが必要です。
○講 師:村上 由美氏(言語聴覚士)
:田中 康雄氏(こころとそだちのクリニック むすびめ 院長)
○お問い合わせ:〒466-0858名古屋市昭和区折戸町4-16
名古屋市発達障害者支援センターりんくす名古屋  TEL052-757-6140

「平成28年度 中川区障害者基幹相談支援センター企画 講座毎日楽しく!生活なるほど講座」
◇平成28年11月12日(土)「差別解消法って何?~私はこのような配慮を必要としています」
◇平成28年12月3日(土)「携帯電話・スマートフォンの正しい使い方。お金ってどれだけ大事!?」
◇平成29年2月11日(土)「自分の権利を守ろう~金銭管理、財産保全のサービス・成年後見制度について」
○場 所:中川区障害者基幹相談支援センター 中川区小本1-20-37、TEL052-654-4521
○定 員:15名
○受 付:平成28年10月3日(月)9時~先着順で受け付けていきます。


★新規事業所コーナー★
◎児童発達支援・放課後等デイサービス
事業所名:児童デイサービスぴぃ~す
住  所:中川区柳森町713番地 大角店舗1階
電話番号:052-655-5155 FAX:052-655-5166


★次回開催予定★
相談支援部会:10月18日(火)13:30~15:30 場所:中川区役所第二会議室
広報啓発部会・区民まつり:10月23日(日)10:00~15:00 場所:露橋公園・露橋小学校
人材育成部会:10月31日(月)10:00~12:00 場所:中川区役所講堂
(人材育成部会研修内容、前ページにて記載)


≪事務局≫
中川区役所
中川保健所
中川区社会福祉協議会
中川区障害者基幹相談支援センター

Pocket