「スウェーデンの福祉は今 ースウェーデンの社会保障・障害福祉の現状と課題から学ぶー 」

日 時  平成28年 7月10日(日)  10:00~16:00 (受付 9:45~)
場 所  名古屋国際会議場 レセプションホール
         (地下鉄 名城線 西高蔵駅・日比野駅より徒歩5分)

主 催 社会福祉法人名古屋手をつなぐ育成会
後 援 愛知県・名古屋市・社会福祉法人愛知県社会福祉協議会・社会福祉法人名古屋市社会福祉協議会
(予定) 一般社団法人愛知県知的障害者福祉協会・名古屋市知的障害者福祉施設連絡協議会
     社会福祉法人中日新聞社会事業団・社会福祉法人朝日新聞厚生文化事業団

講師:エライン・ヨハンソン氏

講演Ⅰ 「スウェーデン社会を障害があっても普通に
生きる社会にするために」
~ノーマライゼーションへの道~
講演Ⅱ 「スウェーデンの社会保障・障害者福祉の
現状と課題」
      ~機能低下のある人への自立支援システム~

講師紹介
 重複障害のある娘さん ピアさんの母親として、FUB(知的障害児・青年・成人のための協会)の運動を進め、1990年から1998年まで会長を務め、スウェーデン社会のノーマライゼーションの道を推進。現在はヴェストラ・イエタランド県のHSO(障害者団体)代表。また、重症者が光・音・感覚刺激を楽しみ発達支援する日常活動の場「エルドラード」の施設長として2010年まで活躍。娘さんのゴードマン(成年後見人)でもある。

講師・通訳:友子・ハンソン氏

講演Ⅲ 「スウェーデンの国民意識から」

通訳・講師紹介
スウェーデン福祉研究家、通訳・翻訳などのフリーランサー。障害者や高齢者に関係する団体の通訳も多数。著書・翻訳も多く、昨秋の東京都育成会関係では、大研修会のシンポジストとして参加、その後もゴードマンや親族支援について勉強会講師を務める。

参加者  知的障害者福祉に関心のある方
参加費   会員  無料
非会員 資料代500円
定 員  450名  ※定員になり次第締切り

申込み・お問い合わせ
名古屋手をつなぐ育成会  TEL052‐671‐6211 FAX052‐671‐6214

Pocket