第60号 平成28年1月吉日発行

★四区合同自立支援協議会★ 12月1日(月)開催
昨年度名古屋市自立支援協議会(検討会)で出た課題について、区としての新たな課題について、計画相談事業所の持ち件数が多いことについてはそれぞれに区でやれること、市がやれることを提案してはどうか等について意見を出し合いました。

1 2


 

★Go West!? Go ふくし ~リアルなふれあい 顔が見えるつながり~★ 12月5日(土)開催

愛知大学名古屋校舎にて、中川区、中村区、熱田区、港区に在住・在宅の障害児者とそのご家族、福祉に関心のある学生の方々を対象に、日中活動サービス事業所が集まり、みなさんとの交流会を行いました。

34
障害のある方やそのご家族、支援者や代議士など、幅広く来場して頂くことができ、障害者福祉を知ってもらえる機会となりました。また、愛知大学学生ボランティアの方々には、すばらしい作品を作成して頂きました。


★相談支援部会★ 1月18日(月)開催
今回はサービス管理責任者・サービス提供責任者・相談支援専門員連携ということで、サービス提供事業所の方々にもご参加頂き、会議を活性化させるファシリテーション技術について学び、グループワークを行いました。

98IMG_2612

<ファシリテーションとは>
中立的な立場でチームのプロセスを管理し、チームワークを引き出し、そのチームの成果が最大になるように支援することです!
<ファシリテーターの4つのスキル>
①場のデザインのスキルには目的やねらい、進め方などがあり、全員が同じ方向を向いて進んでいけるように伝えていくことが大切です。
②対人関係のスキルでは、良いところを探す肯定思考、うなずきやほほえみなどがあり、発言しやすい雰囲気に繋がります。
③構造化のスキルでは、キーポイントを探し、論点を気づかせることが必要です。
④合意形成のスキルでは、その場だけではなく、現場にてどのように活用するのか点検を行うことが必要です。
たくさん発言して貰う時には、誰がどの意見を言ったかを忘れない為に付箋やホワイトボードを活用するとスムーズに会議の進行が出来ます!
進行の人が書記までを行うと進行が止まってしまう為、書記の人を決める事も必要です。
<進行役の人からの意見>
・皆さん意見をたくさん出して頂けたので、進めやすかった。
・意見がたくさん出ることで進めやすくなることが分かった。
・意見をまとめること、収束が難しい。
・フォローしてくれる空気感が良かった。
それぞれの立場で、個別支援会議やサービス担当者会議などを上手く行う為にこれから活用したいという意見も多くありました。
<進行の良かった点>
・やわらかい口調で受け止めて貰えて良かった。
・時間通りに進めてくれていて良かった。
<こうすると良かった点>
・参加者側も積極的になることが大切と感じた。
進行の人は、肯定的に受け止める事が大切で、無表情ではなく、微笑みやうなづきによって、意見が出しやすくなり、会議の雰囲気も良くなります。集約が難しいという意見では、発散と収束をすっぱりと切り分けると収束しやすくなりますので、ぜひ活用してみてください。


 

★防災部会★ 1月18日(月)開催
中川区社会福祉協議会久冨木氏、戸田川グリーンヴィレッジ多賀氏より東日本大震災被災地を訪問した経験をお話して頂きました。
日頃からどのように誰と繋がるべきなのかを考えていくことが必要であり、顔の見える関係作りが重要です。また、比較的被害が少なかった例を見ると、平常時から情報の収集等を備えている、地域の人に障害があることを開示している、県社協施設部会や全国的な団体に所属しているなどの例がありました。
高齢・障害など分野を問わず、防災連携を深め、地域を知っておく、地域に知られておく必要があります。

10
防災対策、事業所として、部会としてどのようにいかしていくのかを話し合いました。
・緊急時の職員の動きの確認。
・細かく動きや連携を考えておく。
・事業所ごとでも日々情報提供を行っていく。
・事業所が避難所指定の場所もあり、自分の所の利用者の対応で手いっぱいという状況ではなく、外部からの利用対応も考えていきたい等の意見がありました。


★おすすめの一冊コーナー★

7
「光とともに…―自閉症児を抱えてー」
ドラマにもなりましたが、マンガでは、幼少期から学齢期へと成長とともに変化する家族の悩みがリアルで、又、自閉症の方への対応も分かりやすく障害に対しての理解も深まる一冊です。


●区役所福祉展示お知らせ♪
中川区役所内・福祉課奥のスペースで、区内事業所の作品を展示しています。利用者さんが作った作品を月替わりで展示していますので、ぜひご覧下さい♪1月はNPO法人の作品です。

56


★研修・講演会・教室のご案内★
申込書等、詳細については各連絡先にお問い合わせ下さい。

「障害者差別解消法研修会」
○講師:田中 伸明(たなか のぶあき)氏
○日 時:平成28年2月15日(月)10:00~12:00(受付開始9:30)
○場 所  :中川区役所 講堂
○問い合わせ:中川区障害者基幹相談支援センター
TEL052-354-2201 FAX052-354-4521

「3周年記念事業 調停センター活用講座 身近なトラブルを話し合いで解決」
○日 時:平成28年2月5日(金) 14:00~15:30 (受付13:30)
○場 所: 愛知県司法書士会
○住所 :名古屋市熱田区新尾頭橋一丁目12番3号
○対象者:行政・福祉の各窓口担当者様
○主催 :愛知県司法書士会調停センター
○後援 :日本司法支援センター(法テラス)愛知県地方事務所
○お問い合わせ:愛知県司法書士会調停センター
TEL052-683-6683 FAX052-683-6288


★新規事業所コーナー★
就労継続支援B型
一般社団法人愛知県セルプセンター あいセルプ支援センター
住所:名古屋市中川区小本本町1丁目71番地
電話番号:052-304-7890 FAX052-304-7813
◎見学など、お気軽にご連絡下さい。


★次回開催予定★
「障害者差別解消法 研修会」
権利擁護部会・相談支援部会・人材育成部会合同学習会
2月15日(月)10:00~12:00 中川区役所 講堂


≪事務局≫
中川区役所
中川保健所
中川区社会福祉協議会
中川区障害者基幹相談支援センター

Pocket