師走に入り、何かと慌ただしい季節ですが、会員の皆さまいかがお過ごしでしょうか。
さて、今回のそだつ・はたらく部会では、知的に障がいがある我が子の「性」について考えます。
小さかった子どもも、やがて思春期がきて親に反抗するようになったり異性が気になったり、自我が強くなる時がやってきます。その時親として何ができるか、子どもにどのように接すれば良いのか学びます。
講師は、以前にもお招き大変好評だった先生です。ぜひご参加くださいますよう、ご案内申し上げます。

1. と き ; ㍻28年2月3日㈬ 10:00~12:00

2.ところ ; 名古屋手をつなぐ育成会 福祉会館 3Fホール

3.講師  ; 一般社団法人’’人間と性’’教育研究協議会(性教協) 渡辺 武子氏
 【講師紹介】
   ・人間と性文化センター・性教協障害児サークル世話役。電話・対面の相談活動の他、
   保健所・保健センターでの子育て講座支援や岐阜大学ピアカウンセリング、サークル支援など活動は多岐に渡る。
   ・もと中学校・保健体育教諭。障害者劇団「ドキドキわくわく」で(愛と性をテーマにした)
   演劇を通して障害がある人の生きることと性の問題に取り組んでいる。
4. 申込方法; 1月21日㈭までに、下記申込書を本部事務局へお申込みください。質問があればご記入ください。
   〒456-0031  熱田区神宮4-4-5 名古屋手をつなぐ育成会 TEL : 671-6211

Pocket