第54号 平成27年7月吉日発行

★定例会議★ 7月7日(火)開催
今年度運営に携わっていただく会長を選出しました。
会長:西養護学校長 松尾 茂氏

●各部会長より報告

1
<相談支援部会より>
・6月にサービス管理責任者、サービス提供責任者との交流を行い、アセスメントのポイントについて話し合いを行いました。
・今年度は部会開催前にサロンを行い、交流を行っていきます。
<権利擁護部会より>
・5月に相談支援部会と合同で事例検討を行い、権利擁護の視点について学びを深めました。
・9月に「強度行動障害への対応」をテーマに研修会を行う予定です。
<広報啓発部会より>
・今年度も引き続き区役所にて物販と作品の展示を行っています。
・6月にチームメッセンジャ-による講演を行いました。
・福祉展示や区民まつりへの参加を通じて、啓発活動を行っていきます。
<防災部会より>
・各事業所で使用している防災マニュアルなどを用いて、話し合いを行いました。福祉避難所のことについても話し合いを行いました。
・9月に中川区の総合防災訓練に参加する予定です。
<人材育成部会より>
・今年度より立ち上がった部会になります。
・6月と7月に精神障害・高次脳機能障害支援者養成講座を開催しました。
・児童に関する研修会を関係機関と相談しながら検討していきます。
<四区合同自立支援連絡協議会より>
・夏休みに行っていた四区合同事業所見学会に関して、今年度は形を変えて行っていく予定です。申込みに間に合わなくて参加できない人も出てきているので、事業所が集まって企業展のような形式で行えないか検討しています。正式に日程や場所が決まったら、各事業所にはご依頼をしていきます。楽しみにしておいてください!

●相談支援事業所の今の現状は…。
・電話での相談が増えてきている。電話が終わると次の電話が鳴ったりする。また訪問に出かけて戻って来て、電話対応を行う繰り返しになっています。
・特別支援学校卒業後の進路に関しての相談も増えてきている。卒業後の進路に関して、どこの事業所も人数がいっぱいになってきていて、社会資源の少なさを感じています。
・抱える件数も多くなってきて、担当者会議も上手く開催することもできない。質を保つのが難しくなってきています。
・地域移行支援で、精神科病院や施設入所からの退院・退所援助で、グループホームの見学や日中の活動場所を見学したりしています。

各機関からの報告
<松蔭病院より>
・昨年度より、法律が変わって、退院に向けた取り組みが明確化されました。院内でもスタッフを対象に講義を行って、院内での啓発活動を行いました。
<療育センターより>
・今年度より、所長が鷲見氏から宮地氏に変わりました
・今年度も療育、通園、理学療法士による講座を開催します。
・児童などの研修で、療育に関すること等協力していきます。
<西養護学校より>
・特別支援学校はどこも生徒が増加傾向にありますが、建物の新設などハード面の整備はなかなか進まない現状があります。空いている教室を転用して対応しているが、これ以上は教育に支障が出るおそれもあり悩ましいです。
<海部就業・生活支援センター>
・特別支援学校卒業後、就労継続支援B型事業所を利用する際には就労移行支援事業所によるアセスメントが必要になる。就労移行支援事業所が対応出来ない地域に関しては就業・生活支援センターが対応することになっている。しかし、厚生労働省から通達があり、就労の担当者は委託費が使用できないことになったので、アセスメントを行うことができなくなった。
・障害者差別解消に関して雇用促進法も一部改正をされる。今後、愛知労働局が中心になって、講演を行って、就労継続支援A型事業所まで話を通していく予定になっています。


★広報啓発部会★ 7月7日(火)開催
・区役所の物販について報告を行いました。7月9日(木)わーくす昭和橋のプリン、7月13日(月)にサポートセンターbeing小本のパンを販売しました。
・中川区区民まつりについて話し合いを行いました。
・昨年度末行った映画上映会について、今後どのような形が望ましいか話し合いを行いました。今後、事務局で映画上映会について目的や実施方法について検討していきます。

●チームメッセンジャー

2
・6月16日(火)に社会福祉協議会主催の車椅子体験と同時に、チームメッセンジャーとして、障害のある車椅子の方に講師として小学校で講演をして頂きました。
・小学校5年生を対象に、現在の生活で工夫していることを中心に実演を交えながら話していただきました。

●区役所福祉展示お知らせ

3
中川区役所内・福祉課奥のスペースで、区内事業所の作品を展示しています。利用者さんが作った作品を月替わりで展示していますので、ぜひご覧下さい。7月はわーくす昭和橋の作品です。


★人材育成部会★  7月4日(土)開催
6月20日に開催した研修会の連続講座として、以下の内容で行いました。

●精神障害・高次脳機能障害者支援 研修会

45

生活版ジョブコーチ支援
講師:岐阜医療科学大学名誉教授
NPO法人脳外傷友の会みずほ副理事長
名古屋市総合リハビリテーションセンター
高次脳機能障害アドバイザー  阿部 順子氏
「生活版ジョブコーチ支援を経験して」
みらい愛知事業所 ヘルパー 川口 道子氏

前回に引き続き多くの方にご参加頂きました。講師の先生及び参加者皆様、ありがとうございました。
6


★四区合同相談支援事業所学習会★ 7月23日(木)開催

7
発達障害者支援センター(りんくす名古屋)の榎並氏を講師として招き、学習会には相談支援部会として参加をしました!
学習会では発達障害の方に関する事例検討を行い、発達障害の方への対応などについて理解を深めました!
家族としての機能がうまく働いていないため、本人のパニックや行動上の問題が起こっている。環境を整えて家族の力をつけていくことが、このケースには必要。
1人の相談員で抱え込まずに、色んな所と連携して役割分担していきましょう!


★研修・講演会・教室のご案内★
申込書等、詳細については、各連絡先にお問い合わせ下さい。

「発達障害とてんかん」
○日 時:平成27年9月20日(日) 10:00~15:30(受付:9:30~)
○場 所:名古屋市高齢者就業支援センター 大会議室
○定 員:100名(先着順)
○参加費:愛知県自閉症協会会員 500円 会員外1,500円
○内 容:経験談、講演会、シンポジウム
○講師:兼本 浩祐氏(愛知医科大学教授)
○主 催:特定非営利活動法人 愛知県自閉症協会・つぼみの会
○問い合わせ・申込み先:愛知県自閉症協会・つぼみの会事務所 TEL・FAX:052-323-0298


 ★次回開催予定★
次回 相談支援部会・権利擁護部会・人材育成部会 合同
9月14日(月)10:30~16:00
会場:中川区役所 講堂
*8月開催予定だった相談支援部会・サロンに関しては開催を行いませんので、よろしく
お願い致します。

≪事務局≫
中川区役所
中川保健所
中川区社会福祉協議会
中川区障害者基幹相談支援センター

Pocket