住所   名古屋市昭和区下構町1-3
電話   052-853-3978
FAX   052-853-3975
交通機関 地下鉄桜通線桜山駅1番出口
時間   平日  9時から16時15分
土曜日 9時から13時
定員   20名

昭和51年6月に桜山通勤寮・桜山いこいの家が開設され事業運営してまいりましたが、このたび桜山通勤寮が障害者自立支援法のもと平成24年3月末を以て閉所することとなり、ジョブサポートセンターbeing桜山を平成24年4月に開所いたしました。桜山通勤寮は就労している知的障害者が職場に通勤しながら一定期間利用し、対人関係、余暇活動、健康管理、金銭管理など自立に向けて援助を受け、社会適応能力を向上し円滑な社会生活を営むことができるようになることを目的としていました。この36年間に160名以上の人が卒寮され、地域生活へ移行しました。 ジョブサポートセンターbeing桜山はこの通勤寮の果たしてきた使命を受け継ぎ、関係諸機関と連携して新たに就労を目指す障害者の就労支援や職場定着支援、卒寮者の就労・生活支援を継続実施してしていくセンターとして設立したものです。

支援つき自立生活と権利擁護の推進を目指し、法人及び当事業所の倫理綱領、職員行動規範に則り、利用者の自己決定・自己選択を尊重した利用者主体のサービス提供を行います。 「働く喜び」、「人生を楽しむ」、「障害のある人も無い人も共に生きる社会の実現」を目指して就労支援をします。 個別支援計画を作成して利用者のニーズに応じたより質の高い支援、作業訓練等、及び支援つき自立と、豊かな人生の実現に向けた利用者の夢をサポートします。
 働くよろこび
 人生をたのしむ

 障害のある人もない人も共に生きる社会の実現

利用者の自己決定・自己選択を尊重し、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労に向けての職業指導、生産活動、また自立と社会参加へ向け、知識及び能力の向上のための学習活動、余暇活動を支援します。 事業の実施に当たっては、関係市町村、地域の保護・医療・福祉サービス機関と連携を図り、総合的なサービスの提供に努めます。

(就労支援)

・一般就労に向けての研修
・所外実習体験
・ハローワークなどへの同行

(就労継続支援)

(研修)

・社会人としてふさわしい姿(言葉づかい・身だしなみ等)
・社会人として必要な生活能力(読み書き・計算・金銭管理等)
・社会人として人生を楽しむ力
・余暇活動の充実(スポーツ・音楽・絵画・料理等)

(年間行事)

・一泊研修旅行
・スポーツ大会
・クリスマス会
・フットベースボール大会 など

より大きな地図で ジョブサポートセンターbeing桜山 を表示

Pocket